トップ > My ページ > konyach さんのレビュー一覧

konyach さんのレビュー一覧 

検索結果:12件中1件から12件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/02/11

    昔、NHKラジオ「朝のバロック」でこの音盤のアニュス・メロンの歌声を聞きフランス・バロックに目覚めました。探し求めていた盤です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/02/04

    かつて、NHK「朝のバロック」で聞いてから探し求めてようやく入手したこの盤。再販されるとは嬉しい限りです。ほぼ同様の演奏でアルヒーフでも録音しています。現代音楽さながらの描写的な「戦闘」は必聴です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/07/31

    まさに天上の音楽といっていい、神々しいほどの音の広がりと響きの豊かさを感じる演奏です。金管楽器群と解説にありますが、この演奏では古楽器のツィンク(独コルネット)やサックバットを中心に、弦楽器や声楽、オルガンを加えた色々な編成でも演奏されます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/02/10

    「弦楽のための」とはありますが、第8番は後にメンデルスゾーンが管弦編成の習作として編曲した珍しい管弦楽編曲版です。モーツァルトの系譜と思わせるようなハツラツとした管弦楽法が、メンデルスゾーンの早熟さを物語るにふさわしい出来映えです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/09/13

    この盤の姉妹品ともいえる、シュタイアーによる「R.シューマンによるバッハへのオマージュ集」のCDも加えて聞いて欲しい。
    シューマンがクララと仲睦まじくバッハの譜面に見入っている姿を見るような、シューマンがいかにバッハに傾倒していたかが分かるアルバムです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/06/30

    カッチーニの「アヴェ・マリア」と称される曲は偽作ですのでお間違えないように。
    サヴァールとフィゲーラスの名コンビによる、これぞルネサンスといえる透明感あふれる演奏です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/20

    吹奏楽で超有名なA.リードの「アルメニアンダンス」の原曲がここに収録されています。特に美しい中間部のゆったりした民謡が、最後に収録されている曲”田舎の歌(コミタス採集の民謡集より)”です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/28

    祝辞と格言op.109
    この曲は国内某金管アンサンブルでも編曲・演奏された名曲です。ぜひともこの原曲をRIASで聞いてみてください。心に深く突き刺さります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/16

    このDVD探してました。クリスティの熱心な教育活動を垣間見られるのは言うまでもなく、クリスティを中心とした3人の審査員によるオーディション風景や、ポール・アグニューのアットホームでいて真剣なレッスンの雰囲気なども感じられる良いドキュメンタリーです。パリ、ロンドンなどの音楽学校も見られるほか、欧米各地から集まったオーディション合格者をそれぞれ密着した映像なども、その国々の音楽の雰囲気が良く感じられ興味深い内容となっています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/03/12

    ニコラ・リヴァンク、ソフィー・デイヌマン、ジェフリー・トンプソンこの三者の息の合った三重唱は言いようのない美しさです。何度も聞きたくなるような音楽の何かがここにあります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/03/01

    透明感といい静寂性といいこれがベスト盤です。オススメします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/19

    バロックなのに斬新かつ遊び心を持った演出が素晴らしい。コンテンポラリーダンスというのか、その踊り手と歌い手が舞台で同時に演じつつ、舞台背面のスクリーンに投影された映像と舞台上の出演者とを度々合成することで、美しくもあり楽しくもある効果を生み出しています。フランス特有のからかうようでいてしかし高尚でもあるユーモアを感じさせる楽しい舞台でした。音楽の素晴らしさはもちろん触れるまでもないです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:12件中1件から12件まで表示