Eine Nacht In Venedig

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    レインボー  |  不明  |  不明  |  2019年08月09日

    ヨハン・シュトラウス2世の喜歌劇『ヴェネツィアの一夜』全曲盤。 フランツ・マルスツァレク指揮、ケルン放送管弦楽団の演奏で収録された内容だ。 歌手にはルドルフ・ショック、リタ・シュトライヒと言った有名な歌手のほかに、マルスツァレクのオペレッタ録音に欠かせない歌手が脇を固め、声楽陣はかなり豪華なアルバムだ。 演奏はオーソドックスながら細かい指示が隅々まで行き渡ったオーケストラ、歌手たちも熱演しているが、やはり1953年録音と音質がイマイチなのがネック。 エレクトーラのアラース盤のようなメリハリのある演奏の後だと物足りなく感じるのも事実だ。 またオマケとして同じヨハン2世の喜歌劇『ローマの謝肉祭』の抜粋が収録。 この音源、長らく唯一と言われた音源で全曲盤があるらしいがCD化されたのはこのハイライトのみ。 現在では全曲盤(他のアーティストのだが)もあり、昔ほど貴重ではないが、まだまだ貴重な部類だろう。 演奏はヴェネツィアの一夜と同じフランツ・マルスツァレク指揮、ケルン放送管弦楽団である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示