トップ > 音楽CD・DVD > ジャパニーズポップス > 佐野元春 > ナポレオンフィッシュと泳ぐ日 【完全生産限定盤】(アナログレコード)

佐野元春

LPレコード ナポレオンフィッシュと泳ぐ日 【完全生産限定盤】(アナログレコード)

ナポレオンフィッシュと泳ぐ日 【完全生産限定盤】(アナログレコード)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:10件中1件から10件まで表示

  • ★★★★★ 

    ちゅうそん  |  東京都世田谷区  |  不明  |  2008年06月07日

    DVDを観て当時横浜スタジアムのライブ2日間とも見に行ったことを思い出しました。24日は、確かあまりノリが良くなく(客の)。新しい元春の進化に戸惑っていた感じがしたのを覚えています。25日は、ものすごく盛り上がって 演奏も良かった記憶があります。(やや歓声が大きいと感じるほうが25日の演奏か?) 価格は、高いと思っていましたが、内容とパッケージングを見ると素晴らしいと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    BEATNIKa  |  杜の都 仙台  |  不明  |  2008年05月22日

    詩人/レコーディングアーティスト/ライブパフォーマー =佐野元春の才能が最もバランスよく表現されているアルバム、 ということで作品の評価はDVDの希少価値も鑑みて「最高!」なんですが、 Sony Music Directから漂うビジネス臭さが鼻につく価格設定は「だめ!」 それでも偉大な芸術を(たとえセールス的にいまいちでも)後世に伝えようとするmsACの真摯な仕事ぶりが超「最高!」なので 総合評価は「すばらしい」にさせていただきます。 レコード会社さえ足を引っ張らなければ…

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    林英治  |  倉敷  |  不明  |  2008年05月12日

    なんでこの値段なんか? 高すぎる...

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    tnkyshr  |  osaka  |  不明  |  2008年04月23日

    Someday→Visitorsと続いた辺りから待っていた佐野元春の(個人的に)最高傑作!Disc-1のリマスターだけで”最高!”なんですが、「君が訪れる日」「水の中のグラジオラス」もリマスターして聴かせて欲しい!CafeBohemiaのコンプリートぶりから多少落ちる上にこの値段。それでも”最高!”なんですよ。このアルバムは…。 トホホ

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ペリカン  |  aichi  |  不明  |  2006年01月09日

    このアルバムの魅力は掘っても掘っても尽きない鉱脈のようなところで、今まで聞いたこともなかったような非日常的な世界に聞いた者を連れて行ってくれることにある。 日本のロックが今まで到達できなかった世界に達した傑作。 ひょっとするとこの作品が、元春の最高傑作かもしれない

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    tsushi  |  tokyo  |  不明  |  2005年10月11日

    スゴイ質量を持ったロックの名盤。佐野元春の音楽をわかった風に語りたがる見識の狭い評論家に一泡ふかせた『ブルーの見解』が秀逸。現代詩とロックンロールの融合。この曲もそうだが日本語でできるロック表現に新たな様式をもたらした一枚。ドラムスのピート・トーマスが最高。プロデューサーをE.コステロを手がけたコリン・フェアリーが担当。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    泳いでいた日  |  tokyo  |  不明  |  2005年03月15日

    若々しく伸びやかな佐野元春。結局、佐野はこうした時季にだけ花咲ける人だったのかも知れない。スプリングスティーンを通り、スタイルカウンシルを軸に幾つかのイギリスを模倣して来た佐野だが、この作品でやっと、そのアメリカ的なもの・イギリス的なものが融合され、ゆとりのある佐野の音楽が紡がれた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ま  |  島根県  |  不明  |  2003年05月09日

    某テレビドラマの主題歌で有名になったGはリメイク?バージョンよりこのアルバム収録バージョンがいい!@とアルバムタイトルは何故に「ナポレオンフィシュ」なんだろう?何度聴いてもわかんない・・・

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    partygoeson  |  yokohama  |  不明  |  2001年08月16日

    ここには新しい佐野元春のスタイルがある。今までのモヤモヤをぶっ飛ばすような2曲目『陽気にいこうぜ』やコカインのことをテーマにした『野性的で冴えてる連中』。代表曲の1つである『約束の橋』、メロディーメーカーとしての『ジュジュ』、神秘的な『雪-ああ世界は美し

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    えんちゃん  |  北川辺町  |  不明  |  2001年02月05日

    ハート・ランドに代わり英のパブ・ロック系ミュージシャンを起用して英で録音された秀作。「雨の日のバタフライ」はメロディーメイカーとしての才を発揮した傑作。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:10件中1件から10件まで表示