トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > ブラームス(1833-1897) > 【中古:盤質B】 交響曲第1番 フルトヴェングラー&ウィーン・フィル(1952)

ブラームス(1833-1897)

CD 【中古:盤質B】 交響曲第1番 フルトヴェングラー&ウィーン・フィル(1952)

【中古:盤質B】 交響曲第1番 フルトヴェングラー&ウィーン・フィル(1952)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★☆ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  2009年08月03日

    フルトヴェングラーのブラームス交響曲第1番は演奏・音源種類等でいろんな盤があり演奏種類からは1952年1月のVPO、同年2月のBPOとのものが上位にランクされています。私は前者をEMI-CDで後者をDGG-LPで聴いておりますが生々しいライブの迫力、指揮者の心のウネリが直接捉えられている点で音は多少こもっているものヽLPでの後者つまりベルリン・フィルとの演奏に傾いてはいます。しかしこのウィーン・フィルとの演奏盤はもう少し整っていますもののそれだけじっくり聴ける感じもします。。つまり一期一会的に聴くか繰り返し聴くかということでスタンスは変わって来るような正直自信の無さを自分に見つけてしまいました。なお、この二つの演奏タイムは各楽章殆ど同タイムではあります(第1,2楽章は平均より少し長めかな?)。彼の演奏は出来具合のブレもありますので他の約10種類も聴きたいとは思いますが先ずこの2点を聴き込んでみてからです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    オットー  |  大阪府  |  不明  |  2009年06月10日

    52年BPO盤を薦める方もおられるようだが,私は絶対にこの52年VPO盤をお薦めする。なぜならブラ1は迫力があるだけではまったく糞にもならない曲だからだ。中身のない演奏をされるとだただた鬱陶しいだけ。このVPO盤はそういった点では万全だ。とくに2楽章を聴いてみて欲しい。この曲はこの楽章のヴァイオリンソロの出来がよくなければだめだ。なんとも美し響きだ!すべてはこの楽章にあるといっていいほど素晴らしい楽章である。とはいえ,1楽章冒頭から素晴らしい弦楽器の艶やかな響きではないか!迫力がないとよく言われる盤だが,そんな爆演至上主義は捨て去ってしまったほうがよかろう。爆演はひとつあればそれで十分だからである。フルヴェンの47年ルツェルンライヴ盤,爆演はこれだけで結構。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    古渡 弁蔵  |  北海道  |  不明  |  2009年06月08日

    悪くはないが、何か気にくわない。その原因はやはり録音にある。ホルンが出てこない。あの四楽章なんか、あんなんじゃないはずだ。私はベルリンフィル盤を推す。迫力といい、これぞフルトヴェングラーのブラームスだ。四楽章のコーダでのティンパニーなんか燃えに燃え、わくわくさせられた。興奮した。このCDでは残念ながらそこまで到達していない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    つよしくん  |  東京都  |  不明  |  2009年05月27日

    フルトヴェングラーは、ブラームスの第1は得意な曲であったはずなのに録音に恵まれなかったが、その中ではこの演奏は第一にあげられるものであろう。面白いのは、異論もあろうかと思うが、昨年発売されたカラヤンの88年のロンドンでのライブ盤と似ていること。テンポとかは微妙に違ったりするが、全体としての造型や響きはそっくり。フィンケ氏が言っていたとおり、カラヤンが実はフルトヴェングラーの最高の後継者とも言えるということが、この演奏を聴くとよくわかる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示