リスト(1811-1886)

CD 【中古:盤質AB】 ピアノ作品集 ポリーニ

【中古:盤質AB】 ピアノ作品集 ポリーニ

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:5件中1件から5件まで表示

  • ★★★★★ 

    静流  |  福岡県  |  不明  |  2011年08月05日

    リストのソナタはArgerichもZimermanもいいが、Polliniもいい。 Polliniの演奏のいいところは、どこに主題が出てくるのかはっきりさせているところだ。例えば右手に装飾的で魅力的なパッセージが出てくるところでも、左手に主題があればそれをしっかり強調しています。他にも、いろんな主題を丁寧に扱って「作曲家リスト」の凄さを私たちに伝えてくれている。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    NARI  |  東京都  |  不明  |  2010年09月13日

    この異次元のソナタの最高峰の演奏。誰も超えることは出来ません。恐らくリストを超えてます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    masato  |  新潟  |  不明  |  2008年09月30日

    クラシック暦30年,私には聴いていて恍惚となってしまうCDが4つあります。カラヤンの最後のブルックナー7番,リヒターのマタイ受難曲,グールドの2度目のゴルドベルグ,そしてこのポリーニです。自分が恍惚となるとはいえ,前の3つのものについては賛否があるのも頷けます。ただ,このポリーニのソナタには,好き嫌いを超えた普遍性を感じてしまいます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    たけちゃん  |  福島県  |  不明  |  2006年02月02日

    ポリーニは、齢を重ねるごとに「表現の奥深さが増した」「昔の方が良かった」などとその評価が分かれているようですが、少なくともショパンのソナタ2曲とこのリストのソナタだけは私にとっては「最高」の演奏です。(私はポリーニ信者ではないので、以降のポリーニについては未聴で、評価判断がつきませんが)ここでのリストは、厳しく真摯な、全く隙のない、見事な音の構築による揺るぎ無き堅固な構造物として音楽が眼前にせまってくる、そんな演奏に感じます。まだピアニスト・ポリーニの「凄み」を感じさせてくれている完成度高き演奏。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ひのき饅頭  |  愛媛県  |  不明  |  2005年02月18日

    無調に向かって突っ走っていくという興味あるやり方ですが、「聴く」ことができるポリーニ最後の録音でしょう。この後のスケルツォでは、すでに意思も打鍵も失われ、音が出なくなっており、ピアノが本当に分かる人にはお薦めいたしかねます。この録音も、拍やリズムなどの正確さはすでに失われているようですが、それでもまだ聴かせてくれるところがありました。優秀な人材が堕落していくことを目撃することは辛い。でも、きちんと練習をしていればこんな衰え方はしないはずなのだが・・・・。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:5件中1件から5件まで表示