トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > ベルリオーズ(1803-1869) > 【中古:盤質AB】 ベルリオーズ:『幻想交響曲』、ドビュッシー:『海』 ミュンシュ&パリ管弦楽団(1967 ステレオ)

ベルリオーズ(1803-1869)

CD 【中古:盤質AB】 ベルリオーズ:『幻想交響曲』、ドビュッシー:『海』 ミュンシュ&パリ管弦楽団(1967 ステレオ)

【中古:盤質AB】 ベルリオーズ:『幻想交響曲』、ドビュッシー:『海』 ミュンシュ&パリ管弦楽団(1967 ステレオ)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:47件中1件から15件まで表示

  • ★★★★☆ 

    sunny  |  兵庫県  |  不明  |  2013年05月02日

    お国の肝いりで出来たオーケストラの初公演、1曲目が「幻想」ストラヴィンスキーの合唱曲で花を添え、最後に、海。確かに凄い、大きくて、しかし、汚い音だ、バーンスタインもかくや。ここまでやっちまう流石、ミュンシュのライヴ、唸り声も咳だって、遠慮なく入っている。これなら、40年近く、眠っていても仕方ない音源だと思う。こちらは、一夜限りの記録。でも、曲として、「幻想」聴くなら、私は、整えられた、それでも充分熱い、ミュンシュらしいEMI盤の方を、選ぶ。もっと、冷静に確信犯なら、サロネン。美しさだけを求めるなら、勘違いしてるアバド。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    あまでうす  |  神奈川県  |  不明  |  2012年11月20日

    シャルル・ミュンシュを音楽監督に迎えたアンドレ・マルロー肝いりのパリ管弦楽団の1967年11月14日のお披露目コンサートの実況録音を聴きました。所はシャンゼリゼ劇場、曲目はベルリオーズの「幻想交響曲」、ストラヴィンスキーの「レクイエム・カンティクルス」、そしてドビュッシーの交響詩「海」という素敵なプログラムで、普通なら「幻想」を最後にもってくるのでしょうが、「海」をトリに据えるというのが当夜のミュンシュの秘めた料簡であったことは、この2枚組の録音を聴くと実によくわかります。 1週間にも及ぶリハーサルでミュンシュによって徹底的に鍛えられたパリ管の「幻想」は、それまで同国を代表していたパリ音楽院管の、ろくに練習もせず、各人各様の個人技を展開していた放恣なアンサンブルに比べると雲泥の差で、欧米の超一流のオケをしのぐその冷徹なまでのアンサンブルには改めて驚かされます。 しかし曲の解釈と演奏自体は彼がかつてボストン交響楽団や63年にフランス国立管弦楽団とやった演奏と大きくは違わない。終楽章の「サバトの夜の夢」もいちおう青白く燃えてはいるのだが、なぜだか彼のライヴにしては狂乱の度が抑えられ、バーンスタインやモントゥーのむきだしの熱狂が恋しくなります。さすがのミュンシュとパリ管もデビュー演奏会ということで少し硬くなっていたようです。 ところが後半のストラヴィンスキーとドビュッシーは凄かった。それまで押さえていた熱と力と意志を満を持したように全開して、指揮者もオケも歌いに歌います。ドビュッシーの「海」もこの偉大な指揮者が何度も演奏し録音してきた名曲ですが、第3曲のトランペットの強奏を耳にしながらドビュッシーがインスピレーションを得たという葛飾北斎の「富嶽三十六景・神奈川沖裏」の映像が忽然と脳裏に出現したのには我ながら驚きました。 とかくドビュシーというと印象派の点描に似た曖昧模糊とした演奏が喜ばれるようですが、当夜の「海」は一切の文学的な霧のヴェールを取り去った純音楽的な名演で、「大爆発、驚天動地、未曾有、空前絶後、千載一遇」などという惹句はもちろん大仰に過ぎますが、短くも儚く散ったこの名コンビによる記念碑的な演奏であることは間違いありません。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ユローヂィヴィ  |  大阪府  |  不明  |  2012年06月12日

    パリ管弦楽団の御披露目公演と「幻想交響曲」の歴史的名演ということで買ったが、粗っぽいところも見受けられて個人的には手離しで名演とは賛成しがたい。ライブならではの勢いは確かにすごい。 ストラヴィンスキイの「レクイエム・カンティクルス」をプログラムに入れるというのはなんともミュンシュらしい。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    milhaud  |  京都府  |  不明  |  2012年02月12日

    幻想はともかく「海」がすごすぎ。第3楽章の異常すぎるくらいの速いテンポ・・・体調が悪い時にはこれ聴かない方がいいです・・・によくパリ管もついていってる。海については1962年のフランス国立とのライヴ録音もあるけどそれとも全然違うし、金管のファンファーレを入れてる1956年のBSOとのスタジオ録音とも全然違う。こんな演奏は今ではもう聴けないのかもしれない・・・

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    HTS  |  東京都  |  不明  |  2011年12月24日

    「ベルリオーズの幻想と言えばミュンシュ。ミュンシュと言えばベルリオーズの幻想」ここまでは異論のないところだ。 ところが、「ミュンシュのどの演奏のどの録音を採るか」となると議論が盛り上がる。 私は次の様に主張する。「そもそも人間が幻想を見るのは一過性。全く同じ幻想を二度と見る事は出来ない」「幻想を何度も見聴きしたければ、別の演奏録音を聴け」と。ミュンシュもその時その時の幻想を見て、指揮したものと考えたい。多くの幻想を体験できる我々は幸せである。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ニッパー君  |  茨城県  |  不明  |  2011年07月14日

    神と悪魔が手を組んだ饗宴…ことによると事実かもしれません。本盤を聴いた後では,名演の誉れ高い同コンビの『幻想』セッション盤もありふれた演奏に聞こえてしまいます。音質も40年以上も前に収録されたものとは思えないほど生々しいもの。文句なしの名盤だと思います。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    恐怖のタヌキ男  |  不明  |  不明  |  2011年04月12日

    ミュンシュの話題のライヴを聴いてみました。ラテンによるライヴであり、ドビュッシーの海は色彩感とライヴの熱狂の合わさった理想的な名演であり、素晴らしいものです。ベルリオーズの幻想交響曲は、直前に行ったEMIへのセッション録音にライヴの熱気を加えたもので、ラテン的な色彩感と、熱狂的な爆発の両立した名演であり、燃えるミュンシュの本領発揮、完成度ではEMIのセッション録音が上と思いますが、ミュンシュと言う指揮者の本質を見せてくれた超名演です。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TKOクラシック  |  神奈川県  |  不明  |  2011年02月27日

     もちろん名演奏・快演奏です。それにしても盤鬼H氏の表現は...。特別な演奏会で特別の状況での演奏で、イケイケドンドン、アゲアゲ・モリモリという感じです。映像を見ると、ミンシュの幻想の指揮振りは凄い、今の指揮者が持っていないような大きな指揮棒で、オケに鞭をくれるような指揮ぶり、結構激しく祭りの勢いです。ミンシュの幻想は何枚かありますが、この盤よりは、ベタですが、EMIのスタジオセッションの定盤の方が落ち着いて聴ける感じです。この盤は数年に一度聴いてみようかなという感じです。とは言え、「幻想」マニアとしては、また一つありがたいコレクションが増えました。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ushio  |  東京都  |  不明  |  2011年02月14日

    あれこれ難癖つける人は、芸術とは無縁な人。「幻想」のCDとしては最高の演奏だ。録音はやや乾燥気味。「海」も、燃え滾る灼熱の大洋である。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ねこまんま  |  愛知県  |  不明  |  2010年08月27日

    幻想はアバド、ショルティ、ミュンフン、クリュイタンスを持っていましたが、これが一番好きです。 熱い。力強い。それでもって、第三楽章などもしつこくなく聴きやすい。第一楽章の最後ですでに涙が出る。 クラシックは初心者でして、ミュンシュの幻想が名盤であることは最近まで知らず、後から知りました。よって先入観一切ナッシングの感想です。 「海」は他に優れた演奏はあると思いますが(ジュリーニやマルティノン)、幻想だけでも買う価値十分。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ほんず内閣総理大臣  |  北海道  |  不明  |  2010年06月25日

    ドビュッシーは好きな曲ではないので、とくに何とも。(-_-;)メインの幻想は、全般的に祝祭的ムードが支配した演奏です。シナリオにある陰鬱さ・怪奇さは薄く、豪放に派手に盛り上げて圧倒させる調子。幻想交響曲というより、祝典交響曲という感じかな。楽団も腕の見せどころとばかりに、変幻自在な指揮者によくついていって鮮やかであります。録音は、乾いた音ですが、実によく細部までとらえていて何の不満もありません。イヴェントの記録という意味を超えて、なかなかに立派なものと言えましょう。有名なスタジオ録音よりも、このディスクのほうがずっといい、と私は思いました。ミュンシュ先生、見事に大物ぶりを発揮です。音の良いライヴ、多分いっぱい残っていると思うので、どんどん出してほしいですな。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ボウチャイ  |  東京都  |  不明  |  2010年05月07日

    良くも悪くもシャンゼリゼライブらしいデッドで乾いた音ですが、個人的にはこの高揚感は捨て難いです。 大音量で聴く事をお勧めします。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    カラジャン  |  山口県  |  不明  |  2010年04月12日

    「幻想」のミュンシュ盤はスタジオ録音盤も持っているが、これは別物。燃焼力が異常に高く激しく、雰囲気が尋常ではない。切れば血が吹き出そうな勢いで爆進してゆく様は圧倒的で、振幅の激しい驚異的な演奏である。ちぇっと、こんな演奏は、もう2度とは出てこないのではなかろうか。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    みみなしほういち  |  大阪府  |  不明  |  2010年04月08日

    幻想のラスト30秒だけで十分に元が取れました。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    eroicka  |  不明  |  不明  |  2010年03月11日

    ミュンシュの幻想交響曲は、映像ソフトも含めると10種類前後あるように記憶しているが、これはとりわけ激烈な爆演だ。テンポの振幅はEMIのセッション盤はもちろん他のライヴ盤以上に振幅が激しく、よくオーケストラが破綻せずに気ままな棒についてくるなあと感心させられる。シャンゼリゼ劇場の乾いた響きが、白熱ぶりを浮き彫りにする。とにかく聴くべしである。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:47件中1件から15件まで表示