トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > バッハ(1685-1750) > 【中古:盤質AB】 コンプリート・バッハ・エディション(153CD+1DVD限定盤)

バッハ(1685-1750)

CD 【中古:盤質AB】 コンプリート・バッハ・エディション(153CD+1DVD限定盤)

【中古:盤質AB】 コンプリート・バッハ・エディション(153CD+1DVD限定盤)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (5 件)
  • ★★★★☆ 
    (2 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★☆ 

    ご飯が好きです  |  東京都  |  不明  |  2015年06月25日

    バッハ全集 ワーナー版と悩んでヘンスラー版を購入して数ヶ月。 今回(2015年6月25日)こちらワーナー版が安かった(18,590円)ので思わず購入 しました。 レオンハルトなどの演奏分はほとんど持っているので、ダブりが多いのですが、 それでも、アーノンクール、レオンハルトは私のお気に入り、 カンタータ部分のみ買ったと考えても満足です。 先月もこの価格で販売、その時は数時間で売り切れでしたので、 今回もたぶん数時間(数日?)で完売なのでしょうか? (前回はセールまで待とう思い買い逃し、今回は、即決買い、 衝動買いかも?) まだ視聴していないので★四つ。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    あまでうす  |  神奈川県  |  不明  |  2012年12月24日

    153枚のCDに1枚のDXDがおまけについた定評あるバッハの全作品を半年がかりでようやく聴き終えました。  全体のおよそ半分がカンタータで占められていて、そのほとんどをアーノンクール指揮のウィーン・コンツェントス・ムジクスとグスタフ・レオンハルト指揮のレオンハルト・コンソートが演奏していますが、大人しい後者に比べて前者はムラはあるもののかなり気合が入った積極的な演奏ぶりです。  いずれも古楽器を使用した定評ある演奏ですが、ヘンスラー版のヘルムート・リリングが監修・校閲・指揮したベーレンライター版の新バッハ大全集(全172枚)の現代楽器による演奏に比べると当初の清新さが薄れ、その後続々と登場した古楽器演奏と比べても聴きおとりするのは否めないところです。  私がバッハの全作品を耳にしたのはヘンスラー版に続いて二度目ですが、今回改めて感じたことはバッハの本領は彼がプロテスタントの信者として神に捧げる賛歌として日々書き続けてきたオルガン曲とカンタータにあり、その膨大な大河の小さな源流になっているのは数多くのコラールにあるということでした。  トン・コープマン指揮アムステルダム・バロック管弦楽団と合唱団によるBWX250のコラールなどに耳を傾けていると、世上とやかくもてはやされている2つの受難曲やロ短調ミサ曲、華麗な旋律に彩られた管弦楽曲すらもいささか受けを狙った皮相で誇大な大曲のように思えてきます。 虚心坦懐に聞けばストコフスキーもグールドもアーノンクールもすべて頭の中で加工した妙に人工的で変態的で異様な音楽で、外形はバッハでも内面は全然違っている。村の古い小さな教会でオルガンを弾きながら子供たちと讃美歌をうたっている小太りの老人セバスチャンの姿など想像すらできませぬ。 バッハの音楽の本質は神への尽きせぬ感謝とひそやかな祈りであり、その名の通り小さな川のように流れる日々の頌歌にこそあるのでしょう。        主よ人の望みの喜びよわが心に流れる一筋の川よ 蝶人

    13人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Xm  |  岡山県  |  不明  |  2012年07月31日

    このエディションは、主にテルデック/エラートの音源だけあって、中低音域の抑制が効いた、なんとも優美なバッハ全集です。 リリング/バッハアカデミーの全集が、少し粗削りで男性的なバッハだとすると、こちらは味わいのある女性的なバッハ。 有名どころの演奏家が多いだけではなく、全集としてのまとまりやバランスも良いです。手元に置いておいて、何回も繰り返し聴く価値のあるものだと思います。

    10人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    言いたくないが  |  愛知県  |  不明  |  2012年06月23日

    いつしかメールでの問い合わせもできなくなっているので、仕方なくこちらに書きます。「2〜3日で入荷で注文」で注文して2週間待たされて「入手困難」ってどうなってるの?いつものことだけど、ウソはかかないで!

    21人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    まさやん  |  大阪府  |  不明  |  2012年02月18日

    バッハ大全集の「聴き比べ」が出来る時代が来るとは何とも贅沢の限りです。荒っぽい表現ですが当盤が「ピリオド演奏」。ヘンスラー盤が「モダン演奏」。ブリリアント盤が「両者中間演奏」と言えましょうか。要は演奏の優劣では無く好みの演奏スタイルで選べば良いと思います。こうした大全集を複数所有されている方も多いと思います。そんな方にはCPOレーベルのバッハ偽作シリーズの鑑賞をお奨め致します。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華人  |  千葉県  |  不明  |  2012年02月06日

    悲しいかな初発のカンタータ全集は埒外だった。5263円×38巻+2812円×7巻で約22万円。バブル時代でもあったが高すぎる(最終の45巻は1990年2月)。そしてミレニアム。こちらもITバブルの最中。ついに大全集が登場。しかしやっぱり20万円を超えていた。そして12年経って10分の1に。名演の数々が一枚あたり150円では「もってけ泥棒」のような気がする。しかしバッハに興味のない人が何気なく、ずらり並ぶ一枚から取り上げた一枚が、新たな感動を呼ぶ可能性もある。文学の大全集だとちょっと腰が引けるかもしれないが、CD。それも音楽なら、いつでも中断できる。そして新たな一枚に手を出すことにためらいもないはずだ。たとえば「卒業記念品」としてありがちな価格。無理を承知で言うが、ぜひ全国の多くの高校で、このエディションを採用できるような日本を夢想したい。

    26人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    日本の庶民  |  東京都  |  不明  |  2012年02月03日

    とうとうワーナーのバッハ全集がこの価格で手に入る時が来た。 アーノンクール/レオンハルト(ご冥福をお祈りします)のカンタータ全集の購入を我慢して(正しくはお金が無くて買えなかったのだが)、図書館のCDを聴きながら待った甲斐があった。 絶対に買いたいのだが、一週間程前に、トスカニーニBOXの予約を頼んだばかりで、これも買った場合、4万近くの出費はつらい……。(さらに、私はブリリアントのバッハ全集も持っており、もしこのバッハ全集を買った場合、どこに置けばいいだろうか…。) あと気になったのは、『マタイ』『ヨハネ』『クリスマス・オラトリオ』はアーノンクールの指揮と書いてあるが、旧録音だろうか、それとも、新録音だろうか? 個人的には、少年合唱団を用いた旧盤であってほしいのだが…。 以上、私のたわ言をつれづれと書いてきたが、間違いなく断言出来そうなのは、アーノンクール/レオンハルトのカンタータ全集の購入を渋っていた人は今がチャンスに違いないことだ。 後は、私が買う時にこのCDが品切れか廃盤になっていないように…。雑文・乱文失礼しました。

    17人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示