トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > サン=サーンス (1835-1921) > 【中古:盤質A】 サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番、ラロ:チェロ協奏曲、チェロ名曲集 フルニエ、コンタ&モンテカルロ国立歌劇場管、他

サン=サーンス (1835-1921)

CD 【中古:盤質A】 サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番、ラロ:チェロ協奏曲、チェロ名曲集 フルニエ、コンタ&モンテカルロ国立歌劇場管、他

【中古:盤質A】 サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番、ラロ:チェロ協奏曲、チェロ名曲集 フルニエ、コンタ&モンテカルロ国立歌劇場管、他

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    colourmeister  |  愛知県  |  不明  |  2012年02月23日

    フルニエのチェロはおだやかで上品に歌う。ラロよりもサンサーンスに合っていると思う。つややかでなめらかで、力まない音楽が美しい。録音は、玉石混淆。ラロとサンサーンスは解説に1977年とある。ラロは、音は悪くないがジーンという電気的ノイズが終始鳴っているのが惜しい。サンサーンスは温かい音色で広がりもある。奥行き感はあまり感じられない。アンコール曲集は、解説に1963年とあるが、ドボルザークのユモレスクは高音質(だがフルニエはどこにいる?)、グノーのアヴェマリア、リムスキーコルサコフのインドの歌、サンサーンスの白鳥はヒスノイズがあり、音はやや古めかしい。制作:Mischa Meersson, バランスエンジニア:Alain Trachsler マスタリング:Bruno Pepeである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示