トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > スクリャービン(1872-1915) > 【中古:盤質AB】 ピアノ独奏曲全集 レットベリ(8CD+ボーナスDVD)

スクリャービン(1872-1915)

CD 【中古:盤質AB】 ピアノ独奏曲全集 レットベリ(8CD+ボーナスDVD)

【中古:盤質AB】 ピアノ独奏曲全集 レットベリ(8CD+ボーナスDVD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (7 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    ぬぬぬ  |  不明  |  不明  |  2019年05月31日

    ホロヴィッツやベルマンやヴェデルニコフ他と違って、エグさやパワーはあまり感じないがしなやかな演奏。スクリャービンに一家言のある人には勧めないが、スクリャービン初心者には激しくお勧め。ただ、付属のDVDはNTSCではあったがRegion6なので、パソコンでし見られなかった。結構美人さんなのに…。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    saitaman  |  埼玉県  |  不明  |  2017年03月05日

    覚えやすい通俗的なメロディーは少ないが、個性的で、少し神秘的で、時々はっとするほど美しい。スクリャービンの曲はもっと人気があってもよいのではないかと思う。ピアノソロの曲が全曲収められて、しかも値段も安い。演奏も音質も良い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    lightnin  |  青森県  |  不明  |  2017年01月03日

    ヴェデルニコフ演奏の24の前奏曲を聴いてスクリャービンのピアノ曲に興味を持ち、HMVの試聴を聴いてレットベリのスクリャービン遺作集がいいなと思って注文しました。しかし、2週間ほどして・・・入荷日未定・・・、キャンセルがおすすめでした。あきらめてこちらの全集を買いました。とてもいいです。特に数多くの前奏曲が気に入っています。聞き流していると。いつ始まったのか、いつ終わったのか、どのくらいの長さだったのか・・・空気感とでもいったさわやかさを感じます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    nori_sun  |  福岡県  |  不明  |  2014年04月30日

    僕的には苦手なスクリャービンの不協和音的な音列や和音の響きを、美しく聴かせてくれた唯一の人です。 値段も安いので、皆さん買いましょう。 彼女のスクリャービン愛なDVDも見ものです(英語字幕付き・映像は若干意味不明…)。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    淳メーカー  |  愛知県  |  不明  |  2012年01月22日

    スクリャービンの音楽は交響曲第2番とピアノ協奏曲以外敬遠しておりました。まったくの聴かず嫌いでした。上記2曲は偶然FMから流れてきて気に入ったのであり、自分から他の作品に手を伸ばそうという気になれない作曲家のひとりでした。何か難しそうで。(もう一人シマノフスキ)思い切って聴く気になったのは、彼女のジャケット写真の目に釘付けになったことからでありました。技巧、表現力ともに優れているピアニストのようで、初期のショパンの影響濃い作品から、いわゆる神秘主義的難解作品まで一通り全部聴くことが出来ました。これが、スクリャービンなんですね。他の作品もまとめて聴いてみようという勇気が湧いてきました。ありがとう、レットベリ。しかし、今は半額で買えるんですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    レエル  |  兵庫県  |  不明  |  2010年05月01日

    特にスクリャービンに対する過度の分析やテクニックの【ひけらかし】は、音とフォルムを分離させてしまう危険性を伴うし、また美しい旋律も長続きしない。特にテンポが速く激しい曲など指の移行が激しやすく、旋律のもつ意味合い迄もが潰されたりもしばしばで、しかしながらレッドベリは波頭の置き方や音の飛沫に至る迄?とても丁寧で、その演奏は表情を出し難いプレリュードや長い音のニュアンス等々...細部描写に拘らず鳴りや響き、特にマズルカでは、空間に於ける残響効果をも主眼に入れた追求や試みがなされている。録音はオフ気味だが、それは瑞々しく綺麗で、演奏から滲む清新・色彩は技術の冴えそのものである。質・量共にスクリャービン好きには申し分無い!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    とっさん  |  京都  |  不明  |  2008年09月07日

    これだけまとまってスクリアビンを聴いた事は初めてですが、ジャンル別に作品番号の若いショパンを思わせるものからメシアンを感じさせる後期へと順番に収録されているので、彼の作風の変遷がよく分かります。演奏はホロヴィッツのような悪魔的なものではなく、ロマンティックながら清潔感があります。付録のDVDでの彼女のインタビューで、母親がソフロニツキーのファンで、レコードを全部持っていたと話していますが、スクリアビンに熱心なのはそういうことだったのですね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示