Mountain

CD 【中古:盤質A】 Twin Peaks: 異邦の薫り

【中古:盤質A】 Twin Peaks: 異邦の薫り

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    Lzrider  |  大田  |  不明  |  2008年07月11日

    旧盤は聴くに耐えないモンでしたが、このリマスタ盤の音圧憾は凄まじき限り!!!!。 〜これぞ、日本のエンジニアの実力だ。 単に、(古い言葉で言えば)カッティングレベルを上げただけでは済まない仕上がり。 30年以上年前のLIVE、すべてが新しい衝撃。 ギター弾きなら、思わず、レスリーと同じシングルカッタウェイのLPJr.を手にしてしたくなってしまうくらい、ビン・Rock Mania必聴のアルバムに再生。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    dj-taka_Age48  |  北海道  |  不明  |  2008年07月04日

    んん....音のバランスがやや違和感がありました。旧MIXをLP時代から聴いているせいでしょうか?たしかに旧CDより音圧があがっていることは間違いありません。それにしても(4)途中のステージ上でたかれたマグネシウムの爆発音は凄いですね。ミックスの違いと音圧の違いがこの爆発音を聴くとハッキリと理解できます。(夜中に聴いて心臓がビクンとしてしまいました)それからサイドGtの音処理には苦労が感じられます。元々、レスリーの音を上回る存在感がありましたからねぇ。このLIVEは明らかに別物のmountainと言えますね(良い意味で)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    kyama  |  愛知  |  不明  |  2008年05月03日

    内容は当然申し分ない(はず)。 これまでのCDは、LPがソースで、しかも長編「ナンタケ」は強引に途中を繋ぎあわせたものでしたが、セットリスト順で1CDに収まっていました。今回のは、発見されたマスターテープがソースということで、オリジナル「ナンタケ」になるのでしょうが、時間の関係、それともLP時代の復刻のためか、セットリスト順にならず、2枚組になってしまうのが残念。1CDでは無理だったのでしょうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    地味平次  |  大阪  |  不明  |  2008年04月21日

    待ってました。 是非聴いてください。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示