トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > ビゼー(1838-1875) > 【中古:盤質AB】 『カルメン』全曲 クライバー&ウィーン国立歌劇場 

ビゼー(1838-1875)

DVD 【中古:盤質AB】 『カルメン』全曲 クライバー&ウィーン国立歌劇場 

【中古:盤質AB】 『カルメン』全曲 クライバー&ウィーン国立歌劇場 

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:44件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    西荻椿山  |  東京都  |  不明  |  2013年02月16日

    旧世代の本曲の舞台映像としては、本盤か87年レヴァイン/メトロポリタン歌劇場盤のどちらかです。スペクタクルとしてはメトだろうと思うのに実際は本盤のほうが上です。まずミカエラ(S)です。歌はあるいはメトのほうが上かもしれないが、白人であるので自然に感情移入できます。アップではやや年齢がみえるが、お胸など顔をうずめたくなるほどで、ホセ(T)ジプシー女だって?やっちまったなと十分思わせてくれます。さて、このオペラを観た後、だれもが口ずさむのは主役2人の歌(いい歌がいっぱいあるにもかかわらず)ではありません。そう、エスカミーリョ(Br)の闘牛士の歌です。性格もさっぱりして男らしく、恋愛の本質もわかっていて、刃物の扱いだけでなく全てにおいてTに優っています。カルメン(Ms)が心変わりするのも当然なのです。それを舞台で納得させられるかですが、声はメトのほうが上でしょう、しかし容姿はどちらも猿じみているのですが、やや本盤のほうがマシです。次にTです。よく歌えているのは本盤のほうです。が、マザコン気味に育ち、莫連女にいいようにあしらわれる役にはメトのカレーラスのほうが似合っています。いよいよタイトルロールですが、平均以上で気立てもよいSをふりきってふるいつきたくなるような魔性の女には残念ながらどちらもみえません。額のしわの方が嫌(メト)か首の太さのほうが気になる(本盤)かで選ぶほかありません。声や演技は本盤のスラヴ的鈍重さがメトより不利です。タイトルロールの歌手が容姿も素晴らしく踊りも上手なんてめったにあることではありません。だから、まわりには美女を配し、ダンサーをからませる必要があります。それでもごまかしきれないときは人海戦術です。しかし、活人画中で主要人物が紛れてしまってはいけない。そういうところをゼッフィレッリという方はよく心得ています。ピットのむこうに幕が開いたときオオッと思うのはこちらのほうです。第4幕では本物の馬に人を乗せ何頭も出してメト顔負けです。そして、本盤の最高の視覚の快楽は舞台にはなくなんと指揮者なのです。かの巨匠ミルヒ・シュトレーゼマンが来日時京都のお茶屋でインタビューに応じ「指揮者、見た目たいせつでーす。」と語ったのは誰一人知らぬ人とてありません。弟子のカラヤンが忠実に教えを守ったことは、ジャケ写などにうかがわれます。ただ、彼の場合意識的だったのが、天才C.クライバーに及ばないところで、音楽にまでわざとらしいだのやろうとしていることがみえすいているだのという非難を招いてしまいました。この公演で一番楽しんでいたのは間違いなくC.クライバーです。盛り上がると(声は出していないだろうが、)一緒に歌っていますよ。そして、ここは感情をこめてというときの両腕と上半身の動き、弱音のときの左手のヒラヒラ、逆に終結、余韻をたちきるかのような振り下ろし、強烈なタクトの下からの突き上げなどなど本曲で独自のバレーを編み出し踊っているみたいです。それが天然、自然で動きがしなやかなので目がはなせないのです。見る指揮者の究極です。正直、舞台は右片隅に小さくして終始彼の姿を映している映像が売り出されれば即決ゲットしますね。その反面、彼の12CDボックスはなかに名演の誉れ高いものもあるにかかわらず私は2度とかけたことはありません。姿なしでは無二の演奏とは感じないのです。最後に78年当時のウィーン国立歌劇場の観衆にもふれないわけにはいきません。皆様今日こそは一大イベントときばって着飾ってきていて大盛り上がりです。会場、観衆が所帯じみていては本当のオペラにはならないことを教えてくれます。舞台観衆一体となった祝祭を大昔の階上個室の貴族みたいに珍味佳肴を並べ、美女と一緒に、ワインを傾けながら観ることもやろうと思えばできるのだから有難いことです。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TKOクラシック  |  神奈川県  |  不明  |  2012年01月28日

    購入後、DVD書籍の『オペラコレクション』の創刊号でも販売されました。伝説の指揮者クラ様がオペラなのにやたら映ります。絵になるんですね。人気があるんですね。クラ様指揮のオペラとなるとやたらクラ様が映るような気がします。もちろん★5大満足です。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ユローヂィヴィ  |  大阪府  |  不明  |  2011年07月17日

    『カルメン』は戯曲がしっかりしている。 オペラに無理はつきもののようだが、無理がない。 クライバーの人気の高さ・期待は彼が指揮台へ上がった時の拍手の大きさからも感じられる。 個人的にはざつなところもあるように感じられたが、テンポよく進めて行くスピード感がいい。 決めるところはしっかり決めて聴く人を感動させるのだからすごい。 メリハリがしっかりしている。 第2幕のジプシーの歌はリズムがズレているがそこが逆にリアルで客席を沸かしているし映像で観ていてもぞっとした。 第2幕第4景の五重唱も素晴らしい。 ミカエラのイゾベルブ・キャナンがいい。 映像の乱れが少しある。 もともと商品用に撮った映像ではないのでアングルもあまりよくない。 ≪演出≫ 群衆の衣装は貧しさをリアルにあらわしすぎているように感じた。 ホームレスのような人生に疲れた?(人生を諦めた)ような演技(ポーズ)をとらせるのはどうなんだろうか? 個人的にはもっと明るい市場の雰囲気を出して欲しかった。 しかし、クールベの絵から抜け出したような女性の衣装や舞台セットはいい。 第4幕など特にそうだが、群衆が多すぎると思う。 ごちゃごちゃして闘牛士たちやエスカミーリョやカルメンがひきたたない。 立ち位置を変えたらもっとすっきりすると思うのだが。 もっとも映像で観るアングルと客席から観る舞台は違ってみえるのだが。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    伊東洋輔  |  神奈川県  |  不明  |  2010年06月01日

    青池保子「エロイカより愛をこめて」中のウィーンを舞台にしたエピソード「皇帝円舞曲」の前半で、エーベルバッハ少佐がCIAやKGBの「白クマ」とともにオペラ座で「カルメン」を観劇するシーンがありますが、この画を見て「あ、作者は絶対この映像をNHKで見て、この画を描いたな」と気付いたヒトはどの位いるだろうか。・・まァそれはともかく、クライバーを聴く快楽・視る快楽を存分に満たしてくれる、まさに究極のオペラ体験が、ここにある(もちろん本当の娯楽は生で接する事だとは百も承知ですがね)。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    シロクン  |  新潟県  |  不明  |  2010年03月19日

    演奏は歌とともにすばらしい。しかし、DVDにはもう一つ重要な要素がある、ビジュアル的に楽しめるかどうかである。その点、オブラスツォワのカルメンとドミンゴのホセは失格。あのカルメンでは男は狂わない。また、ホセもおじさんの浮気にしか見えない。私はオペラのDVDには満足できないことが多いが、その典型。一番ビジュアル的にかっこいいのはクライバー。「クラさま」ファンにはかけがえのないディスクかも。その点は私も十分に満足できる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    タイガー哲  |  東京都  |  不明  |  2010年01月06日

     09年1月1日付の記事でカラヤンが「レガートをいっぱいつけと」と書きましたが、小生の知識不足による間違いです。「テヌートをいっぱいつけてオケを引っ張っている」と訂正します。赤面の至りです。ちなみに小生が聴いているのはRCAのレッドシールのLPです(国内盤)。CDではどのような音がしているか分かりません。LPのこととて多少のノイズは入りますが、鑑賞にはまったく差し支えありません。アナログLPが再評価されている昨今、配偶者に「場所ふさぎである、早く整理せよ」と何度も命令を受けながらも残していてよかったと思っています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ふぃるはーもにー  |  大阪府  |  不明  |  2010年01月06日

    クライバーの魔術的な指揮と、ドミンゴの若い歌(演技)が聴ける(見られる)のが最大の価値です。 音質については、放送用のものなので↓の方が書いておられるとおり、オーケストラピットの中にマイクを立ててオケを主に収録しているものに特徴的な音質です。 (少し以前のFMでのオペラライブの録音の音質は皆こんな感じでした。ただ現在でも近接マイクはピット内に配置するはずなので、最近の録音はもしかしたらエフェクトとかかけてるのかもしれません。) 歴史的録音のような音質の「悪さ」ではないですが、「記録」的なニュアンスの強い録音であり、ホールいっぱいに鳴り響くオケの音を求める方には適していないかもしれません。 よくもわるくも、「テレビの音」「FMの音」の延長上の音質ではあります。(ただし、後からイジってない正直な音質ではあります。) 歌手は通常公演のライブとしては当時の平均はクリアしてるとおもいますが、オブラスツォワは音程がフラットで大味に僕には聴こえます。あと当時の慣習かもしれませんが、カットが比較的多いのも、好みを分かつかもしれません。 この盤は誰がみてもぱっとわかる面白さに満ちてるという意味では、カルメンというオペラの入門用にも悪くはないとはおもいます。指揮の見た目と出てくる音楽の奇跡的な一体感(「劇」だから余計にクライバーの持ち味が生きてるとおもいます)を随所に味わえるので・・・ ただ、カルメンという作品を過不足なく味わいたい方は、また、カルメン役もバランスのとれた演奏を選ばれて、その後、この演奏をお試しになるのもよいかとおもいます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    タイガー哲  |  埼玉県  |  不明  |  2010年01月01日

     このDVDのユーザーレビューを読んでいると、みなさん「クライバー、クライバー」とかまびすしい。カルメンの指揮で言えばカラヤン=VP0にとどめをさすといわねばならない。63年のデッカ全盛期の録音、ゾフィエンザールでのセッション、オケがVPOとくれば、それで出来上がりという気がする。主役二人はもちろんのこと、脇がうまい。クライバー盤でみなさん不満たらたらのエスカミリオがロバート・メリル。闘牛士の歌ではカラヤンがレガートをいっぱいつけてオケを引っ張っているが、歌がそれに負けない迫力。けど不自然さは感じない。ライヴではこうはいかないだろうなぁ。役者の違いというほかない。→  クライバー盤での不満は録音のひどさ。オケとヴォーカルのバランスが悪すぎる。特に弦はオンマイクでデッドに録られており、余韻が全然ない。いかなウィーンのシュターツオパーのオケでも、こういう録り方をされると身も蓋もないというか、美点の表わしようがない。いつも言うようにホールも楽器の一つであり、それを生かす録音を行わないと、その音源の価値を大いに減ずることになる。他の音源を聴いていても、シュターツオパーはソフィエンザールやムジクフェラインに比べるとあまり音響は良くないようだ。収録はORF(オーストリア放送協会)が行っているが、商品化することなど考えないで録っているとしか思えない。それにしても放送(放映)だって放送局にとって見れば商品なのにね。その上、ウィーのシュターツオパーがこのDVDの商品化をオーソライズしていることがまた信じられない(しっかりマークがジャケットに印刷されている)。こういう音を聴いて指揮がすばらしいだのオケが良いだのと評価することが理解できない。映像があるから救われているが、これがCDで音源だけだとすると、これだけの評価を受けるとはとても思えない。クライバーの流麗かつ美麗な指揮ぶりにごまかされているのではないか。ユーザーレビューでのみなさんの評価が高かったので入手してしまったが、あらかじめ試視聴できていたら絶対に買わなかったと思う。別項で書いたトスカニーニの諸音源よりひどいのだから、どうしようもない。クライバーが生きていたら商品化を許可したものかどうか、それさえ疑問となる。あるCD購入案内本でF氏がこのDVDをトップ評価としているが、他の項目で録音のことをあれこれコメントしているくせに、一体なにを聴いているのかといいたい。→  こう書いたからといってクライバーを評価しないというのではない。74年のバイエルンのシュターツオパー日本公演のバラの騎士はすばらしかったし、同じプロダクションのDVDやCDで聴くこうもりも文句を言う筋合いのものではない。オリジナル音源が残っているはずだから、もう少しましなリマスタリングができないものか。  →は段落を示します。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    仔牛ののぶちゃん  |  大阪府  |  不明  |  2009年10月05日

    久し振りに見てみました。いいですねー。オペラハウスの盛り上がりが伝わってきます。ユニテル・カラヤンの不自然さとは対照的です。オブラスツォワのカルメンは堂々としていて、ダメ男を振り切って自立して生きてゆく女の意地がよく出ています。ドミンゴも甘すぎる男を好演です。演出も素晴らしく、カルメンはこれが私のピカイチです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    団塊のアマデウス  |  愛知県  |  不明  |  2009年09月19日

    狭い舞台の中で、様々なエキストラの演技と表情が決して邪魔にならず『カルメン』の舞台演出に意味をもたらしている。決して飾りではない処が素晴しい。主役の独唱と表情のアップが特徴の映像ソフトが多い中で、『クライバ−のカルメン』は異彩を放っている。音楽の流れ・リズムと登場人物の動きがピタッと一致しているのもクライバ−の指示・演出の成果。  

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    かよちゃん  |  東京都  |  不明  |  2009年09月12日

    クライバーの指揮はやはりすばらしいので、多少の映像や音の悪さは余り気にはなりません。むしろこの安さは買いでしょう。ひとつとても気になったのが、始まりの前奏曲で音と映像が微妙にずれている感じがして、見ながら聴いていると何だか気持ちが悪い感じがしました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ryo-ma  |  埼玉県  |  不明  |  2009年07月30日

    クライバーの指揮とゼッフィレッリのコンビで文句のつけようがないのですが、いくつか気になります。 まず、セリフ等のカットが多すぎる点。それとエスカミーリョがパッとしない。この2点は人によっては致命的な失敗に感じられるのではないでしょうか。 あとは私個人としてはオブラスツォワは悪くないのですが好みではありません。もしバルツァだったら星5をつけたと思います。 でもクライバーの素晴らしい指揮姿が見られるので必見のDVDです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    OLD FAN  |  TOKYO  |  不明  |  2009年03月14日

    躍動感あふれるクライバーの指揮だけで購入の価値あり。ただし、カルメン役のエレーナの容姿は・・・です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    烏  |  広島  |  不明  |  2009年02月18日

    まずはクライバーが素晴らしい。また、細部まで行き届いたゼフィレッリの演出も見事だ。ビゼーが見れば感涙に咽びそうなほどアンダルシアムードが全編に横溢している。あえて欠点を挙げるならば、ふくらみに欠け、やや金属的な音質には不満が残る。それから、ドミンゴのホセが容姿・声ともに立派すぎて、マズロクのエスカミーリョの影が薄すぎることだ。しかし、今に至るも間違いなくNo.1の「カルメン」だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    paxdomini  |  京都  |  不明  |  2009年02月11日

    映像で見られる中ではミゲネス・ジョンソン−ドミンゴ−マゼール盤に並んで興奮できる作品です。クライバーの活き活きしたテンポ設定も気持ちがいいし、ドミンゴもそれに応えるかのような伸びのよい歌いっぷりです。「花の歌」で拍手が鳴りやまないのも頷けます。ゼフィレッリの演出も超一流です。一幕のたばこ工場前広場での昼休みの様子など、ウィーンの奥行きの広い舞台が十分生かされていて、一見、ただの人海戦術のような印象を受けますが、 それでいて各人がそれぞれの動きをしているのには感動します。二幕の酒場も、特に最初の大騒ぎの様子

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:44件中1件から15件まで表示