トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > ヴェルディ(1813-1901) > 【中古:盤質A】 『ファルスタッフ』全曲 ジュリーニ&ロサンジェルス・フィル、ブルゾン、リッチャレッリ、他(1982 ステレオ)(2CD)

ヴェルディ(1813-1901)

CD 【中古:盤質A】 『ファルスタッフ』全曲 ジュリーニ&ロサンジェルス・フィル、ブルゾン、リッチャレッリ、他(1982 ステレオ)(2CD)

【中古:盤質A】 『ファルスタッフ』全曲 ジュリーニ&ロサンジェルス・フィル、ブルゾン、リッチャレッリ、他(1982 ステレオ)(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    ほんず内閣総理大臣  |  北海道  |  不明  |  2012年10月17日

    ヴェルディの大傑作『ファルスタッフ』に、円熟期のジュリーニさんのディスクが残されたことは何と幸いなことでしょう。オペラ上演のライヴで、ステージノイズも客席の反応も結構聞こえます(拍手はなし)。で、演奏はどうか。ロス特有の「乾いた」響きがどこか「うるおい」を奪っている感じで、実はちょっと聴きづらい。また、冒頭からやっぱり少し重くて、聞き知っている『ファルスタッフ』と別の曲にすら思えるくらいに、印象が違うんだなあ。「え〜!?」といふ調子で、全曲聴き終わりました。もちろん、歌手も含めて高水準です。ブルゾンの朗々たるタイトルロールはまことに結構で、大いにしびれます。女声陣はちょっと魅力が薄いかな。とはいえ、みな立派です。トータル、「歌の劇」としてはやや重く、ドラマとしては(もともとコメディなので)起伏に欠ける、そんなところで、ジュリーニさんのコンセプトはこの曲にはいささか合わなかったかもしれません。そういう意味では、ユニークな『ファルスタッフ』の演奏として楽しめばいいのかな。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示