トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ワーグナー(1813-1883) > 『トリスタンとイゾルデ』第3幕 ハンス・クナッパーツブッシュ&チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、フラグスタート、ローレンツ、他(1947 モノラル)

ワーグナー(1813-1883)

CD 『トリスタンとイゾルデ』第3幕 ハンス・クナッパーツブッシュ&チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、フラグスタート、ローレンツ、他(1947 モノラル)

『トリスタンとイゾルデ』第3幕 ハンス・クナッパーツブッシュ&チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、フラグスタート、ローレンツ、他(1947 モノラル)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (2 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    ハート  |  滋賀県  |  不明  |  2019年10月01日

    音は相当こもっています。特にオーケストラの音は強奏で割気味です。歌声はまだマシです。鑑賞用というより資料的価値があるくらいだと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    Y.A  |  兵庫県  |  不明  |  2019年05月02日

    遺憾なことに録音が悪過ぎる。先般、ベルリン フィルが復刻した「フルトヴェングラー 帝国放送録音」に含まれていた未完成交響曲の第2楽章(新発見のもの)より聴き辛い。修復に非常な努力をしたであろうこともわかるだけに残念である。想像力で補わなければならないが「おそらく大変な名演奏だったのだろう」という点を考慮し星3つとした。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    おおでぶねこ  |  埼玉県  |  不明  |  2019年04月30日

    まず音質から申し上げますと、強音で音が割れ、オケ、声共にかなり聴き苦しい事は否定出来ません。雑音は上手く処理されていると感じます。ですが、ローレンツさんの浪花節顔負けの唄いっぷりや、フラグスタートさんの神々しさは、録音の不備を補って余りあると思います。クナッパーツブッシュ師の素晴らしさもありますので、観賞する為というより録音の存在を感謝する意味で5点の評価をさせて頂きます。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示