トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > テレマン(1681-1767) > 【中古:盤質B】 『ターフェルムジーク』全曲 ピーター=ヤン・ベルダー&ムジカ・アンフィオン(4CD) 

テレマン(1681-1767)

CD 【中古:盤質B】 『ターフェルムジーク』全曲 ピーター=ヤン・ベルダー&ムジカ・アンフィオン(4CD) 

【中古:盤質B】 『ターフェルムジーク』全曲 ピーター=ヤン・ベルダー&ムジカ・アンフィオン(4CD) 

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (25 件)
  • ★★★★☆ 
    (7 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:32件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    ヴァニタス  |  Chiba  |  不明  |  2012年12月04日

    息が合っているとか、息が揃っているというのはどんなアンサンブルにも大切なことである。でももっと高次になっていくと音楽は対話し始める。バロックの室内楽は奏者間の間合いの取り方が直截に音楽の出来に結びついている芸術である。家族的連帯を持つオランダ周辺の名手たちの競演は室内楽することにかけては驚くべきバランス感を発揮している。心の通った対話がそこかしこから聴こえてくる。ハーツェルツェルトとベルナルディーニのトリオは至高の朗らかさを湛えて美しさを充満させる。妙技にして粋。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    淳メーカー  |  愛知県  |  不明  |  2012年02月05日

    テレマンはバッハやヘンデルに比較すると、例えて言うなら流行作曲家として位置付けられてはいないだろうか。まあそれならそれで良し、これだけ聴き手を楽しませてくれる作曲家もそうはいないわけだから。溢れ出るメロディー、快活なリズム、そして曲の構成。どれを取っても神童に勝るとも劣らない。「ターフェル・ムジーク」もその産物のひとつ。ベルダー率いるアンサンブルは聴き手をとても満ち足りた気分にさせてくれる。録音も秀逸。実に楽しいアルバムである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Ima  |  京都府  |  不明  |  2010年10月18日

    全体に端整で聴きやすく、それでいながら細かい部分で、お、と思わせるところもある秀演です。メンバーも豪華で、特にハーツェルツェットのトラヴェルソは最高の名演ですし、ベルナルディーニらのオーボエも流石の出来。 個人的には低音部とホルンにあと少しの力強さがあれば(第3協奏曲は、そのホルンでやや評価が下がりました)より良い演奏になったと思うので、星一つ引かせて貰いますが、この値段と品質、他の方々と同じく自信を持ってお薦めできます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    古楽器奏者  |  東京都  |  不明  |  2010年08月29日

    前々からベルダーのチェンバロの素晴らしさを高く評価していたが、この人はチェンバロだけでなくリコーダーも専攻していて、リコーダー演奏でもCDを録音している。そのベルダーが、生前はあの大バッハよりはるかに人気の高かったテレマンを演奏しているのだから聴かないわけにはいかない。思った通りの楽しく、素晴らしい演奏だ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    a pilgrim  |  Tokyo  |  不明  |  2009年03月06日

    最近、買いなおしました。録音問題有りませんでした。僕のオーディオの不調だったのですね。評価は、もちろんサイコー!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    a pilgrim  |  Tokyo  |  不明  |  2009年02月26日

    数年前に購入して演奏は気に入ったのですが、録音が好みで無かったので手放してしまいました。ところが、最近、この盤の翌年に録音されたエンジニアは同一人物と思われる同じレーベルのク−プラン室内楽全集を購入してビックリ!ボクの好みの録音です。当時のオーディオの不調だったのでしょうか?どなたか、教えて頂ければ有り難いのですが。よろしく、お願い致します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    K552  |  仙台市  |  不明  |  2008年02月11日

    これ以上コメントの必要なし。今までのリスナーの意見で言い尽くされている。ズバリ、名盤!そしてお買い得!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    古今東西  |  横浜  |  不明  |  2008年01月29日

    信じられない料金で、おいしいフルコースをいただきました。とても満足しています。お腹がいっぱいになりました。ご馳走様でした。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華人  |  船橋市  |  不明  |  2007年03月24日

    おそらく最も正しくテレマンの作品を、最もレベルの高い演奏技術で再現することを目指したのだろう。紛うことなく最高レベルでの再現であることは間違いない。じゃ音楽としてみれば、マアもっと優美な部分や、激しく走る抜けるような快感があってもいいのだろうが‥‥。パイヤールで入り、さまざまな「食卓の音楽」を聴いてきた。中でも一番面白くないテレマン。しかし、もう面白さを追い求める元気を失いつつある年齢という立場からすれば、これは、やっぱり最高のものなのかもしれない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    40代ガンバ初心者  |  東京都  |  不明  |  2006年12月18日

    極端に速いテンポや意表をつくアクセントなどは用いず、全体として抑制のきいた演奏といえるでしょう。しかし、よく聞くと粋で計算され尽くした表現が各所に散りばめられていることに気づきます。四重奏曲の中に協奏曲の要素を、協奏曲の中に四重奏曲の要素を、組曲の中に協奏曲の要素を、といういうようにジャンルの枠を超えた曲作りがテレマンの真骨頂ですが、ひとつの楽章の中でも、いろんなジャンルに切り替わって聞こえる演奏は、聞き手を飽きさせません。特に、第1集の協奏曲が本当にすばらしい。冗長で退屈な演奏になりがちな難曲なのに。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    beethovenplace  |  海外  |  不明  |  2006年11月12日

    私はとても気に入りました。お気楽な演奏です。録音も結構なものです。確かにブリュッヘン盤のようなメリハリには欠けますし、語法もどこか拙い印象を持ちました。ただ、曲自体があまり深みのあるものではないですから、こういう角の取れた、親しみやすい演奏の方が好感が持てます。ことに初めてこの曲を購入される方には格好の一枚だと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Portia  |  東京都  |  不明  |  2006年05月08日

    購入してからちょうど1年になります。このBOXがきっかけになって,テレマンの協奏曲やトリオ・ソナタなど,たくさんの美しい曲と出会えました。感謝しています。ムジカ・アンフィオンの演奏も名手揃い。堅苦しさがなく,それでいて気品と華やかさを十分に表現していて,大変素晴らしいと思います。特にリコーダーやオーボエなど,木管楽器を含む作品がいいですね。二十数年前,朝のFM番組で流れた『ターフェル・ムジーク』の一部を聴いてから全曲盤入手まで随分時間がかかりましたが,その分,喜びもひとしおです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    shimo  |  岐阜県北方町  |  不明  |  2006年05月04日

    心から楽しめる音楽です!癒されます。決して派手な何かをきかせようという演奏ではありませんが、きちんとした演奏、心から楽しんでいるであろう奏者達の姿が、私は感じられるそんなCDです。価格も大変安く、バロックに興味のあられる方、必聴です。テレマンは、パリ四重奏も大変すばらしくおすすめします。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    慰めの音楽  |  長野県  |  不明  |  2006年04月15日

    「食卓の音楽」という題名から、貴族たちが食事する部屋の片隅で静かにBGMを奏でるような印象を持ってました。このセットを聴いたら、ぜんぜん違います!特に第2集などは、ライブハウスのバンド並みのノリノリの演奏!冒頭の”Suite”が終わったところで、食卓の聴衆からヤンヤの歓声と拍手が沸き起こる−−そんな光景が目に浮かぶ超絶楽しいCDでした。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    バロック新人  |  長野  |  不明  |  2006年04月02日

    後期ロマン派を聞きながら心のどこかで、「NHK-FMで昔聞いたテレマンをいつかゆっくり楽しみたい。」そんな夢があっさりかないました。しばらくはバロックにはまりそうです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:32件中1件から15件まで表示