ヴェルディ(1813-1901)

CD 【中古:盤質A】 ヴェルディ・エディション(74CD)

【中古:盤質A】 ヴェルディ・エディション(74CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (7 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    カバポチ  |  神奈川県  |  不明  |  2013年10月07日

    とうとう購入しちゃいました。ヴェルディ全集。しかも、「限定盤完売」の前に滑り込みセーフ!やはり、今出ているダンボール箱のようなちゃちいBOXよりもこちらの豪華装丁BOXの方がずっといい。早速、大好きな「オテロ」から聴いているが、マリオ・デル・モナコの素晴らしいこと!個人的にはカラヤン盤よりこの盤の方がずっと好きだ。ドミンゴも真っ青の物凄さである。他の曲を聴くのも楽しみで仕方ない。さすがのワグネリアンもこうした本場モノを聴くとグラッとくる。これからは、しばらくワーグナーはお休みで、このBOXにどっぷり浸かりそう。HMVさん、素晴らしいBOXを本当にありがとう!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    まさやん  |  大阪府  |  不明  |  2010年08月02日

    2013年がヴェルディ生誕200年に当たるので、作品全集がユニバーサルレーベルから発売される事を予想していましたが、現時点でこの様な企画が発売されるとは予想もしませんでした。ユニバーサルレーベルからと書いたのは、初期の作品で優秀なセッション録音がある唯一のレーベルだからです。その点において何の不満は無いのですが、後期の「傑作作品群」の音源には、膨大なレパートリーを誇るレーベルにしては「おや?」と言わざるを得ない音源が多々含まれるのはどうした事でしょうか。ヴェルディ・ファンならデル・モナコの「オテロ」も「パルジファル」もカラヤン盤を所有している事でしょう。そして「トロヴァトーレ」の採用音源がデル・モナコ盤でも、セラフィン盤でも無いのは、これらも皆さん所有済みのアイテムだから、所有音源の重複を避けた措置ともとれる配慮なのでしょうか。それと「もう少し高価でも良いから日本語対訳が欲しい」というファンに対しては、2013年度には全作品の日本語字幕付きDVDの発売が計画されているからでしょうか。・・・色々考えさせられますが、トータル的には第一級品である事には違いは無い素晴らしい全集です。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    divakurihashi  |  埼玉県  |  不明  |  2010年07月25日

    CDゆえの内容の最高の豪華、贅沢なセットです。豪華リブレットも感動モノです。ヴェルディの内なる思いを載せて、21世紀に生きる私たちのもとに行け、との、企画制作販売全スタッフ様の熱い思いが、伝わりました。 演奏者、指揮者の名前を見ただけでうっとりして、幸せを逃がさないよう即予約、2カ月も待って届きました。74枚のうち1枚の手抜きもありません。どれも全部、ため息が出るほど最高の演奏者です。このコレクションで初めて聴けるものがたくさんあり、観られなくても楽しみです。 “海賊”を聴いていますが、Jノーマン+Mカバリエ と1975年(29歳?)のカレーラス+ガルデッリを2010年に、よい音質で繰り返し聴けるだけでも、このセット10個分以上の値打ちがあると思います。 記録の技術に感謝、企画制作販売に携わった皆様に感謝、第二次大戦後の20世紀後半の人類の文化遺産です。全オペラのほか、レクイエム、歌曲集、ロッシーニ送葬のための曲、その他おまけの編曲、作品などどの一つの演奏会を日本で開催されたとしても、S席に1度座れる為の半額以下の価格で、自宅でいつでも繰り返し聴けると思うと幸せの限りです。ありがとう。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ラ・ガンバラネバ  |  茨城県  |  不明  |  2010年06月12日

    入手しました。普通のCDボックスより背が高い。なんでだろうか?開けてびっくり、分厚い本が1冊入っています。しめしめ、英文対訳本か?と思ったところ、イタリア語(only)のヴェルディ全集リブレット本(イタリアのデッカから出版)でした。どこを歌っているかはわかるが、意味はわからない。こうなると、対訳を持っていない残りの13作品の対訳探しは続きますが、気長にやります。ヴェルディ全歌劇が一気に揃うことは最高の評価をするしかないです。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華人  |  千葉県  |  不明  |  2010年06月09日

    空前絶後。誰がこれほどのアンソロジーが一発で買えると予想しただろう。91年、「初期オペラ作品集」(オベルト〜海賊)に大枚6万円も叩いた身からすれば、絶対に買いです。6作品でガルデッリがダブってしまいますがいいでしょう。買います。まさに世界遺産級の逸品がみんなで共有できる。あー素晴らしい!生きててよかった。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    マラ3マニア  |  東京都  |  不明  |  2010年05月08日

    すばらしい全集だ。難を言えば、初期のマイナー作品などは、やはり歌詞対訳が欲しい。それがあればあと2万高くても買うのに。しかし、この値段でヴェルディの全作品が聴けるのは嬉しい。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    オペラかじり虫  |  兵庫県  |  不明  |  2010年05月05日

    これはまた見事な全オペラ・ボックスの登場だ。デッカ・レーベルによる全集だが、DECCA録音を中心にDGやPHILIPSはもちろん、他社録音も交えて、全作品を網羅したとは! 中で《ドン・カルロ》は伊語と仏語のそれぞれ5幕版を収録するという徹底ぶり。重複しているものは手放して、買い替えますかな。これからじっくりヴェルディを楽しむという向きには格好のボックスだ。企画と実行に敬意を表して最高の評価を!

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示