トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > ベートーヴェン(1770-1827) > 【中古:盤質AB】 ヴァイオリン協奏曲、クロイツェル・ソナタ レーピン、ムーティ&ウィーン・フィル、アルゲリッチ(2CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

CD 【中古:盤質AB】 ヴァイオリン協奏曲、クロイツェル・ソナタ レーピン、ムーティ&ウィーン・フィル、アルゲリッチ(2CD)

【中古:盤質AB】 ヴァイオリン協奏曲、クロイツェル・ソナタ レーピン、ムーティ&ウィーン・フィル、アルゲリッチ(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:5件中1件から5件まで表示

  • ★★★★★ 

    Marthy  |  POLAND  |  不明  |  2012年10月22日

    このディスク、ジャケットはレーピンのみ。しかし、ディスク自体は、レーピンの音よりもアルゲリッチが弾いている様子が目に見えるよう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    宇野珍会長  |  埼玉県  |  不明  |  2012年06月29日

    主役以上に伴奏の出来栄えが目立ってしまうユニークな一枚だ。アルゲリッチはいつものように強靭なタッチであり、どちらが主旋律なのか理解に苦しむほど個性に満ちているのだ。いっぽうのコンチェルトもやはり伴奏が出色だ。ムーティの棒は歌心に満ちていると同時に典雅のきわみ、この美しさは筆舌に尽くしがたい。表面の美しさだけでなく質感たっぷりの雄渾な響き、フォルティッシモの迫力は壮絶だ。録音も素晴らしく、ふっくらとしつつも張りのある響きはベーム以来と言っても差し支えないくらいだ。そうなるとレーピンは小技ばかりが目立ってしまい、悪くはないものの見劣りは否めない。ソナタもコンチェルトもそうだが、小結が横綱に挑んだ結果になってしまったようだ。それとも男らしい伴奏に負けてしまったのか?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    静流  |  福岡県  |  不明  |  2011年09月01日

    美しくデリケートに歌われたコンチェルト。 クロイツェルでは力強さ、鋭さが光るとともにテクニックも冴える。 ムーティ&ウィーン・フィル、アルゲリッチの共演も大変素晴らしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ポチの犬  |  未聴の山  |  不明  |  2008年05月24日

    演奏はすばらしいが、コンチェルトもソナタも伴奏の音量が大きい。このCDはどちらも伴奏が聴きモノかも。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    a  |  日本  |  不明  |  2007年11月04日

    ムーティ・ウィーンフィルの伴奏は大したものだ。 レーピンの演奏はシャープで美しい丁寧な演奏。もう少し深みのある演奏でも良い気がするが、これはこれで素晴らしい。クロイツェルは美音と技巧が拮抗してなかなか面白い演奏。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:5件中1件から5件まで表示