トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > ビゼー(1838-1875) > 【中古:盤質AB】 歌劇「カルメン」(2002年8月、グラインドボーン・オペラ音楽祭) オッター/ハドック/グラインドボーン音楽祭合唱団/他

ビゼー(1838-1875)

DVD 【中古:盤質AB】 歌劇「カルメン」(2002年8月、グラインドボーン・オペラ音楽祭) オッター/ハドック/グラインドボーン音楽祭合唱団/他

【中古:盤質AB】 歌劇「カルメン」(2002年8月、グラインドボーン・オペラ音楽祭) オッター/ハドック/グラインドボーン音楽祭合唱団/他

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    天然芝  |  秋田県  |  不明  |  2009年05月18日

    グラインドボーンの小さな空間に「これでもか」と作りこまれた閉鎖的な舞台は視覚的に既に息苦しいほどである。些かエキセントリックに作りすぎのオッターの芝居や、ジョルダンのおよそ「若さ」とは正反対の重苦しい音楽も全て同じベクトルを共有しており、その意図するところは極めて一環した優れたプロダクションであろう。一見似たようなロイヤルの「カルメン」が、あくまでホセによって悲劇が引き起こされるのに対して、一貫してカルメンが悲劇の牽引役である点で「似て非なるもの」と言えるだろう。画質・音質はこのレーベルらしい美しさである

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    s.jam  |  London, UK  |  不明  |  2003年03月31日

    オッターの声質では似合わない、と言う人もいるようですが、こういうカルメンシータも良いと思います。フランス語の発音が多少気になりますが、それ以上にすばらしい演技で魅了してくれます。 圧巻は、2幕冒頭の「ジプシーの女」ですね。ダンサーをバックに、オッターがフラメンコ風の激しいダンスを披露。これ見るだけでも価値アリです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示