チャイコフスキー(1840-1893)

CD 【中古:盤質B】 Sym.6, Etc: Rozhdestvensky / Lso

【中古:盤質B】 Sym.6, Etc: Rozhdestvensky / Lso

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    ロシア音楽ファン  |  大阪  |  不明  |  2009年01月20日

    私は後期交響曲集でこの盤を聴いています。初めはワクワクして聴きましたが、私が最も印象に残ったところは、悲愴の第2〜4楽章です。第2楽章ではテンポは速いが、ロジェヴェンらしい堂々としたテンポで聴かせてくれて見事です。第3楽章では堂々とした行進曲並みの演奏、そして終楽章、演奏から聴き取れる悲愴感、静かに終わるクライマックスに、私は思わず号泣してしまいました。ロジェヴェンのレニングラード時代が甦るように感じました。悲愴は、(4、5番を含めて)何度聴いても聴き飽きない名演です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ジンジャーエール  |  川崎市  |  不明  |  2007年10月07日

    職人指揮者ロジェヴェンにとって、この録音当時は、すでにチャイコフスキーの劇性に正面から当たるような心情からは遠かったのではないでしょうか。「やっつけ仕事」とは言いすぎですが、第5を筆頭に、魂が抜けた音響だけが通り過ぎていきます。ただ、第6だけは特異な印象が残りました。情念に溺れないシニカルな構えが、奇妙な諦観のようなものを漂わせるのです。「悲愴」というより「皮相」。第3楽章はまるでショスタコの世界。終楽章は静かにおのれを見つめる、老境の嘆き。力こぶはどこにも入らない。不思議な侘びしさを与えて去ります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示