トップ > 音楽CD・DVD > ジャパニーズポップス > YMO > パブリック・プレッシャー(Standard Vinyl Edition)【完全生産限定盤】(アナログレコード)

YMO

LPレコード パブリック・プレッシャー(Standard Vinyl Edition)【完全生産限定盤】(アナログレコード)

パブリック・プレッシャー(Standard Vinyl Edition)【完全生産限定盤】(アナログレコード)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:32件中16件から30件まで表示

  • ★★★★★ 

    トキオ  |  東京都  |  不明  |  2005年11月26日

    '80年発表。この時期のライヴ仕様版YMOの存在は「テクノポップの真骨頂」といっても過言ではない。コンピュータと肉体がこれほどスリリングな格闘を展開しているライヴ盤というのは、おそらく世界的にも唯一無比の存在だろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ディガー  |  福島県  |  不明  |  2005年10月17日

    レコードあります。帯の裏にはツアー日程と、二枚のアルバムの宣伝とシーナ・ロケッツの真空パックとフユージョンのカシオペアのスーパーフライトというアルバムの宣伝です。ちなみにファンクラブの住所書いてあります(^O^)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ひら  |  埼玉  |  不明  |  2004年08月29日

    このアルバムの最大の凄さは、この題名を付けちゃったこと、そしてそれを商品化してしまったことでしょう。当時の様々な記録が発表されまくってしまった今、点数は落とさざるを得ませんが、中期への区切りとして必要だったこの作品を今でもリアルに感じます。へんてこなフュージョンというメディアの見方から、テクノポップへと世間へ浸透してゆく碑です。ちなみに今の香津美氏はギタリストと言うよりは世界的ミュージシャンです、是非とも「MOBO」聴いて下さい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    mrc  |  北海道  |  不明  |  2003年10月23日

    初心者の方のために改めて説明すると、このアルバムはライブ音源からギターのチャンネルをカットして、代わりに教授のシンセサイザーを後からスタジオでオーバーダビングしてある、「ライブ盤であってライブ盤ではない」アルバムなんです(実は幸宏氏のボーカルも差し替えられています)。でもそれがかえってテクノ感を増して、このアルバムでYMOの人気を決定づけることになりました。教授のシンセソロ、聴いてみてください。シビれますよ!あの時代にシンセサイザーでこんなカッコいいサウンドを出していたなんて…!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    けんと  |  不明  |  2003年08月03日

    私も、ミステリアス天使さん同様、ギターが入っていないこのメタリックなライヴ盤が好きで、もし、ギターがカットされていなかったら、当時中学生だった私はこんなにもYMOにのめり込まなかったと思います。コズミック・サーフィン最高!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ドカーン  |  仙台  |  不明  |  2003年06月27日

    あれから20年後の今、これを聞き始めてからまた狂い始めました。最高の一言。若者よ聞くんだ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    mmmmasy  |  不明  |  2003年06月16日

    このアルバムの面白い聴き方、ギターがカットされていますが、バスドラのマイク等から実は聞こえています、 特にコスミックサーフィンの間奏、ソリッドステイトの途中など何故か面白いです。当時聴きまくっていたのをおもいだします。 グラスバック、アートアスファルト!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ミステリアス天使  |  不明  |  2003年05月19日

    誤解を恐れず言ってしまうと、香津美氏のギターが前面に出てるいくつかのライブ盤よりも、断然こっちの方が好きです。教授がダビングしたシンセ最高。ライブ盤というより、スタジオ盤と同じ扱いで聴いても差し支えないと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    y.k.  |  不明  |  2003年04月12日

    まぁ、皆さまそれぞれ意見のある『作品』ではございましょうが、俺的には全ての行程を経ての結果がこの作品だと思います。実際、レコード発売当時としては、オーバー・ダブとかの知識は俺には無かったし、某局のS.ストリートで本人が「情けね〜」と言っていた『東京は夜の七時』的な教授のソロも良かったし、これはこれで何の違和感も持っておりませんでした。ギターに関しては、当時のテレビやラジオで観たり聴けたりしましたし、後に20分強で九千円弱のビデオでも観れましたし、かなり後日にCD化もされましたし…。欲求は満たされておりました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    nomoto  |  saitama  |  不明  |  2003年02月09日

    faker holicにはギターチャンネルが入っているし、あまりいじっていないので、あのライブの本当の熱さが伝わってきますね。そういう意味では、public pressureは冷ましてある感じ。YMOのコピーバンドのYセツ王が出しているpublic pussyもいい音出していて結構気に入ってます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    盗塁王  |  不明  |  2003年01月31日

    このアルバムがパンク好きな人たちからも支持されるのわかるよ!音と質感が奇跡的に合致したアルバムだよね!このスタジオでライブのトラックをいじったところがすごくテクノだと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    tong & asia  |  TOKIO  |  不明  |  2003年01月23日

     Takeさん…もういいじゃない?これって『パブリック・プレッシャー』なんだからさ。ギターカットされてなかったら、公的抑圧じゃないよね。教授のカッコイイアドリブ(3、4曲目)最高だと思わない? 昨日渋谷店で、moogVcを見ました。時代を感じさせるものでした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    HOMER  |  Tokyo  |  不明  |  2003年01月22日

    本日即・購入&まさに今聴いています!…感涙!あぁ…この場にいたかった。やっぱり、彼等は初めてワールドツアーを行った「日本のアーティスト」ではなくて、「世界のアーティスト」が、ワールドツアーを展開したのですよね!アッコちゃん、とっても素敵だな〜。義弘さん、2000回…スゴい!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    PPP  |  東京  |  不明  |  2003年01月12日

    もー最高!です。 ライヴならではのスリリング感がたまりません!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Take  |  Tokyo  |  不明  |  2003年01月04日

    RTさん!リマスターは2番の99年版らしいですよ!ちなみに他のアルバムの音源もそうらしいです。やはり今回も契約の関係でギターのチャンネルはカットなの?!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:32件中16件から30件まで表示