トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > モーツァルト(1756-1791) > 『フィガロの結婚』全曲 フリム演出、ドゥダメル&ベルリン国立歌劇場、レシュマン、ダルカンジェロ、他(2015 ステレオ)(日本語字幕付)(日本語解説付)

モーツァルト(1756-1791)

Blu-ray Disc 『フィガロの結婚』全曲 フリム演出、ドゥダメル&ベルリン国立歌劇場、レシュマン、ダルカンジェロ、他(2015 ステレオ)(日本語字幕付)(日本語解説付)

『フィガロの結婚』全曲 フリム演出、ドゥダメル&ベルリン国立歌劇場、レシュマン、ダルカンジェロ、他(2015 ステレオ)(日本語字幕付)(日本語解説付)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    村井 翔  |  愛知県  |  不明  |  2019年10月27日

    チューリッヒでのアーノンクール指揮の演出もとても良かったユルゲン・フリム、今回の新演出版は近年のトレンド通り、1)時代設定を現代に近づけ(20世紀前半の海辺のリゾート地が舞台)。2)歌のパートのない人物が数多く登場(たとえば「恋とはどんなものかしら」を歌うケルビーノの前に恋人のバルバリーナがいたりする)。3)第3幕冒頭のスザンナと伯爵の二重唱、第4幕フィナーレのスザンナとフィガロの二重唱などは、かなり直接的にエロい。全体としてはオケピット前の前舞台を活用したなかなか洒脱な演出。 ドゥダメルの指揮はHIPを踏まえたものではないが、曲の性格に合ってはいる。歌手陣はすこぶる強力。プロハスカ、クレバッサはそもそも当たり役だが、大変見事。コヴェントガーデンのマクヴィカー演出ではセリア寄りの役作りだったレシュマンも、ここでは三の線のキャラになっていて達者なコメディエンヌぶりを見せる。威張り散らしているが、実は間抜けな伯爵は今やダルカンジェロの十八番。フィガロはやや軽めのキャラに作られていて、ひと頃はやった伯爵との階級闘争などはあまり前面に出ないが、これはこれで結構。日本語字幕が相変わらず間違いだらけのまんまなのが唯一、残念。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    joe  |  神奈川県  |  不明  |  2019年07月18日

    衣裳こそ1930年代風のややポップなデザインだが、 全体の設えと演出はきわめて真っ当でこなれた作り。 また劇場のサイズが小さいので、 観客との一体感があって、とてもいい感じ。 歌手たちは誰もが高い水準の歌唱と自然な演技を見せており、 これに指揮のドゥダメルが元気の良い伴奏を付けている。 最後まで安心して観られるステキな舞台。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示