トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > コープランド(1900-1990) > 庶民のためのファンファーレ、『アパラチアの春』組曲、交響曲第3番 大植英次&ミネソタ管弦楽団

コープランド(1900-1990)

CD 庶民のためのファンファーレ、『アパラチアの春』組曲、交響曲第3番 大植英次&ミネソタ管弦楽団

庶民のためのファンファーレ、『アパラチアの春』組曲、交響曲第3番 大植英次&ミネソタ管弦楽団

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (3 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    masato  |  新潟  |  不明  |  2009年04月16日

    『アパラチアの春』は大好きな曲です。それを、このような素晴らしい演奏、素晴らしい録音で聴けるのは、幸せなことです。聴いて良かった、出会えて良かった…心からそう思えるCDです。『アパラチアの春』是非、聴いてみてください。必ずや、春を迎えた至福の時を味わえます。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    七海耀  |  さいたま市  |  不明  |  2007年02月10日

    しかし、このCDは音が素晴らしく、そこいらのSACDを凌駕している。演奏も見事で、バーンスタインの自作自演に匹敵しうる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    盤鬼  |  北九州  |  不明  |  2002年12月22日

    RRの録音は極めて優秀な物理特性を標榜しているが、ジョンソン氏の秀でたバランス感覚こそ讃えられるべきだろう。この頃より更にベールが一皮剥けたのは新たなノウハウを会得したからに違いない。再生も心してかからぬと装置が悲鳴を上げ出すのは必定なので細心の注意を払われたし。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示