トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > モーツァルト(1756-1791) > ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲、他 五嶋みどり、今井信子、エッシェンバッハ&北ドイツ放送響

モーツァルト(1756-1791)

SACD ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲、他 五嶋みどり、今井信子、エッシェンバッハ&北ドイツ放送響

ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲、他 五嶋みどり、今井信子、エッシェンバッハ&北ドイツ放送響

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    乱筆不治  |  東京都  |  不明  |  2011年06月25日

    ミドリのバイオリンは、いつもながら情感豊かで美しい。モーツァルトでも、ここまでやるか、という感じはしますが、彼女の演奏は、なぜか必然的に感じられて、違和感がありません。確かに、比較すると、今井さんのビオラは控えめな表現に徹しているようです。あえて伴奏に徹したのか、方向性が微妙に異なるのか分かりませんが、個人的には、バイオリンとビオラが対等に掛け合う方が良かったかな、とは思います。それから、エッセンバッハの伴奏が素晴らしい。こんなに良い指揮者だったとは知りませんでした(失礼!!)。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    かくとしらじ  |  愛知県  |  不明  |  2010年07月02日

    私の愛聴盤となりそうな協奏交響曲です。ヴァイオリンは勿論ですが、ヴィオラがこのようにすばらしい音色でなる(SA)CDは初めてです。前の方がおっしゃるようにSACDのおかげなのでしょうね。 ヴィオラの今井さんは、丁々発止の掛け合いというよりは、どちらかというとヴァイオリンの伴奏に徹しているようです。火の出るようなヴァイオリンとヴィオラのガチンコ勝負を求める方には違和感を感じる方もいるでしょうが、私には、オケとヴィオラの双方に暖かく支えられて、ヴァイオリンのみどりさんがとても楽しそうに(彼女の実演から察するに、「ヴァイオリンの命ずるままに」と形容するのがよいのでしょう)演奏しているようにおもえます。この溢れる和気藹々感は尋常でないです。聴いているこちらまで心が温かくなってくる演奏です。ヴァイオリンとピアノの協奏曲(未完のものをウィルビーが完成させている)は、珍しいものを聴かせてもらいました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    K111  |  千葉県  |  不明  |  2010年04月17日

    五嶋のソロは天馬空を駆けるがごとし自由自在で聴いていて楽しい。それに対して今井のソロは第一、三の両楽章では落ち着きすぎか?エッシェンバッハとNDRはテンポも響きも適切で美しい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    rw313  |  jp  |  不明  |  2008年12月08日

    悪くはないんです、が今井さんとみどりさんのやりたいことが一致していないのがまるわかりなのが残念。欧州とアメリカのちがいというか…言葉にできませんがすごく違和感があります。 カップリングのエッシェンバッハとの録音はなかなか聴きもの。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    zawa  |  京都府長岡京市  |  不明  |  2007年01月18日

    いやー、冒頭から音楽に引き込まれてしまいました。これぞまさにモーツァルトです! それに、ヴァイオリンとヴィオラの音色のすばらしいこと!さすがにSACD(2chですが…)です。もうCDには戻れません。 sonyさん、本家本元なんですからもっとSACDの新譜出して下さい。五嶋みどりのブラームス、ベートーヴェン、シベリウス・・・聴きてみたいものです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    太公望  |  尼崎市  |  不明  |  2001年06月18日

    五嶋みどりの自由奔放なよさが出ており、とても健康的で元気一杯で感動する。対して、今井信子は落ち着いて、まるで暴れん坊を包み込む、包容力を感じて、ただ、ただ、素敵だ!! 聴けば聴くほどすばらしい演奏に尽きる。 エッシャンバッハも上品な音作りに徹している。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ボテ猫  |  神戸  |  不明  |  2001年05月14日

    協奏交響曲ではMIDORIと今井がこの世のものとも思えぬ美しいハーモニーをかもし出し、感動的名演となっている。エッシェンバッハのバック、ピアノも的確で、彼の巨匠級の指揮ぶりがこのCDの価値をいやが上にも高めている。ヴァイオリンとピアノのための協奏曲でも強

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示