トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブラームス(1833-1897) > ブラームス:交響曲第2番(ベルリン・フィル、1952)、ウェーバー:『魔弾の射手』序曲(ウィーン・フィル、1954) ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(平林直哉復刻)

ブラームス(1833-1897)

CD ブラームス:交響曲第2番(ベルリン・フィル、1952)、ウェーバー:『魔弾の射手』序曲(ウィーン・フィル、1954) ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(平林直哉復刻)

ブラームス:交響曲第2番(ベルリン・フィル、1952)、ウェーバー:『魔弾の射手』序曲(ウィーン・フィル、1954) ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(平林直哉復刻)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    ドンナー  |  神奈川県  |  不明  |  2019年07月07日

    グランドスラムの定評のあるテープ復刻。ブラ2は、長く独エレクトローラの全集CDを愛聴してきましたが、それに較べ一皮剥けたように音が鮮明になったと思います。音源の出所の記載はありませんが、ミュンヘンでの公演ならばオリジナルは、バイエルン放送収録とも考えられますが、これまでこの録音について、バイエルン放送提供といった情報には接したことがありません。GS-2189のライナーノートには、フルトヴェングラーのブラームス全集の完成に至るまでの経緯が触れられていて興味深いです。当時の音楽雑誌の記事やレコード会社の広告を丹念に調べていると思います。100年を超えるような昔のことではないので、公刊された活字情報だけでなく、当時のレコード会社の関係者の証言や、内部メモなんかが公になればいいですね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示