トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブラームス(1833-1897) > ブラームス:交響曲第3番(1954)、ワーグナー(1949、1954) ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ベルリン・フィル(シングルレイヤー)

ブラームス(1833-1897)

SACD ブラームス:交響曲第3番(1954)、ワーグナー(1949、1954) ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ベルリン・フィル(シングルレイヤー)

ブラームス:交響曲第3番(1954)、ワーグナー(1949、1954) ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ベルリン・フィル(シングルレイヤー)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    Y.A  |  兵庫県  |  不明  |  2018年09月16日

    ここに収録されている演奏は、フルトヴェングラー のライヴ録音の中では「最も状態の良いもの」に属する。特にブラームスの3番、ヴァーグナーのトリスタンは「一皮むけた」明瞭な音となっている。フルトヴェングラー の演奏に限らず「名演奏の記録」は「再生音次第で印象が変わる」場合がある。私の場合、カラヤン、チェリビダッケ 、ムラヴィンスキーの「生演奏を体験した」ので尚更「そう感じる」のだが、だからこそフルトヴェングラー の演奏こそ「実際に鳴っていた音」を知りたいが為に「リマスター」「SACD」が発売される度に買い直してしまう。その点Audiceのフルトヴェングラー シリーズは素晴らしい。今回も「ブラームス3番、トリスタンの1954年盤は枯れている」という従来の印象を見事に覆し「血の通った熱のある演奏である」ことを教えてくれた。また、1949年演奏のマイスタージンガー前奏曲、ジークフリートの葬送行進曲の「音」の改善ときたら!感謝以外のなにものでもありません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示