Explorations

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:15件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    とねりこ  |  北海道  |  不明  |  2011年09月20日

    このアルバム、すでにお持ちの方もまた買わねばならない。なぜなら、これまで別テイク2曲を含む10曲だったのが、未発表テイク2曲が新たに追加された12曲での仕様となっているからだ。新たに発見された未発表テイクは”How Deep Is The Ocean?”と”I Wish I Knew”の2曲である。コンプリート・ボックスにも収録されなかったテイクだ。マニアならこの新発見の2曲のためにぜひ入手しておきたい。聞き比べると、表現の違いにうれしい感動を覚える。また、OJCのリマスターシリーズのひとつとしての再発でもあるので、おなじみの演奏も音質が改善されているのがわかる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    chibi  |  tokorozawa  |  不明  |  2009年03月14日

    このアルバム一体何枚買ったんでしょう。PORTRAITもLP時代からEVANSの再販がある度により良い音を求めてつい買ってしまう。最高に好きなアルバムだけに最高の音で聴きたい。リスナーの気持ちにつけ込んでCDになってからも何回もレコード会社は16bitから20bitへそして24bitと小出しにして再販してくる。まあ今度が決定版になるのかなあ。このアルバムが僕にとってはEvans初期の最高傑作です。ラファロも全体的に抑え気味でトリオのコラボレーションが最高です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    bubyuki  |  tokyo  |  不明  |  2008年09月01日

    はっきりいってかなり地味な演奏だ。よく耳をそばだてて聞くのとそうでないのとでは大きく聞こえ方が違う。じっくり聴け、ということだ。非常にタイトな演奏である。また、静謐でもある。ラファロはライヴのときとは違い特にかっちりしているが、その分勢いが殺されている。インタープレイはライヴと違い、かなりなりをひそめている。しかし最高級の演奏だ。音楽にじっくり浸りたいときに聴くとよいと思う。鎮静作用もある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    HaRu  |  立川  |  不明  |  2008年06月25日

    LPからずーと聴いています。 エヴァンスの作品の中でも特にリリシズムが際立っている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ジャズ太郎  |  兵庫  |  不明  |  2006年11月29日

    これは、好きな人は聴けば良いというレベルのアルバム。エヴァンス個人の真にジャズ・ピアニストとしての革新性が表われてているのは、マイルス・グループでのソロや、「エブリバディ・ディグス」でのそれ。また、「ポートレイト・イン・ジャズ」での数曲だと思う。ラファロ入りのユニットが聴いてみたいと思うなら、やはりヴァンガードのライヴ(デビーじゃないほう)かと思うが、あのユニットは、まあ、「ラファロ・トリオ」ですよね..。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ペパーミント  |  大阪府  |  不明  |  2006年10月30日

    ピアノトリオ、そしてエヴァンスの最高傑作。現在金太郎飴的にある、ピアノトリオなんて…すべてこれの影響下にある。マイルスのカインドオブブルーと並ぶ重要作

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    mm  |  東京都  |  不明  |  2006年02月06日

    ビル・エヴァンスのほかの有名作品のSACDよりも音が良いように思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    古今亭公男子  |  芝 神明  |  不明  |  2005年08月28日

    ライブとは違う、カチッとした演奏が印象深い独自性が出てるようで、控えめに演奏されているエバンス・トリオの美学が凝縮されているような一枚。ライブで耳にした曲をこの一枚で確かめるようにじっくりと聞き込む美しい旋律ばかりの一大傑作!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ぴーと  |  東京都  |  不明  |  2005年02月20日

    笹塚にあるカレー屋さんで聴いて気に入りました。ビル・エヴァンスを聴きながら食べたカレーはおいしかったですよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Yoshihiro (20)  |  Yokohama  |  不明  |  2004年12月29日

    僕の中では”Explorations”といったら”Beautiful Love”という感じですっかり定着しちゃってます◇◆◇それほどに素晴らしい!後年のライブでの”Beautiful Love”よりもストレートな演奏でなんとも形容しがたい美しさがあります◇◆◇皆さん是非とも聴いてみて下さい〆

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    mini  |  福井  |  不明  |  2004年10月23日

    スコット・ラファロよ。。。やはり貴方がベストパートナーなのか。。。時を越えても。。これを聴くとそう想う。。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    酔って兼好  |  三重県  |  不明  |  2003年12月19日

    このトリオのアルバムは全て最高!中でも曲の良さからこれがベスト!音に酔わされる。出会えて良かった!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    赤線地帯  |  吉原  |  不明  |  2003年12月14日

    エヴァンスとベーシストのスコット・ラファロがけんか中で、スタジオに入ってからも口論が絶えず、製作者全員に張り詰めた空気が漂ったといういわくつきのアルバム。しかし演奏は情熱的だが、さらに澄んで落ち着いたすばらしいプレイで、マイルスが言った「エヴァンスのピアノは、青く燃え上がる炎だ」という言葉がぴったり。ちなみにこの時のラファロのベースは、前作『ポートレート・イン・ジャズ』とは違いやや控えめだが、折り悪く、自分の楽器が修理中で、使っているのはレンタルの楽器だったらしい。色々な要因が重なって、この「隠れ名盤」が

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    とくぞう  |  国立  |  不明  |  2003年07月24日

    最初はたまたま部屋のステレオに入っていただけなのですが、いつのまにか毎朝「Israel」で目を覚ます習慣がついてしまいました。なんだか、少しだけ自分が高尚で洗練された人間になったような気がします。朝起き抜けに聴いても、夜シミジミ聴いてもよい、毎日頂くおいしいお米のようなmusic。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    なわとび  |  大阪府  |  不明  |  2002年10月04日

     リバーサイドのビル・エヴァンス作品では、このアルバムが一番「エヴァンス的なイメージ」として頭の中に残っています。5、6、7曲目の三連打がたまりませんな。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:15件中1件から15件まで表示