トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ワーグナー(1813-1883) > 『妖精』全曲、『恋愛禁制』全曲、『リエンツィ』全曲 セバスティアン・ヴァイグレ&フランクフルト歌劇場(9CD)

ワーグナー(1813-1883)

CD 『妖精』全曲、『恋愛禁制』全曲、『リエンツィ』全曲 セバスティアン・ヴァイグレ&フランクフルト歌劇場(9CD)

『妖精』全曲、『恋愛禁制』全曲、『リエンツィ』全曲 セバスティアン・ヴァイグレ&フランクフルト歌劇場(9CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    フォアグラ  |  愛知県  |  不明  |  2018年08月12日

    「妖精」「恋愛禁制」は序曲がつまらなく先が思いやられるが、オペラは思いのほかしっかり作られており、クライマックスもあって退屈せず聴ける。ワーグナーはシューベルトやシューマンとは違いオペラのノウハウを若くして身に着けていたことがわかる。「タンホイザー」や「ローエングリン」のメロディも現れ興味深かった。ただ、劇場のレパートリーになるには印象的なシーンやメロディが不足する。「リエンツィ」は序曲が一気に充実。ワーグナーの世界に初めて引き込む作品だ。オペラのナンバーも前2作とは比較にならないが、後半尻すぼみ気味になるのが惜しい。4時間を超える超大作を2時間半に刈り込んだのも原因だが、だからと言って完全全曲を聴きたいと思わせる程の魅力作ともいえない。演奏はこれ以上望めないほど優秀。なによりセバスティアン・ヴァイグレのメリハリがあり推進力に充ちた指揮が素晴らしく、そのおかげで退屈せず聴けるといってもいい。声楽陣、合唱それにフランクフルト歌劇場ムゼウム管弦楽団も万全の出来であり、録音も優秀。めったに聴かれないこの3作に興味ある人にはお勧めしたい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示