トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ベートーヴェン(1770-1827) > 交響曲第4番、他 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル(1973)

ベートーヴェン(1770-1827)

CD 交響曲第4番、他 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル(1973)

交響曲第4番、他 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル(1973)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:28件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    シアリル  |  和歌山県  |  不明  |  2012年11月11日

    SACDになり、CDに比して音にこめられたニュアンス、特に弱音部の音の表情がより豊かに伝わるように感じた。特に、2楽章が意外と歌心のある演奏に聞こえて新鮮だった。音像の広がりにやや乏しく、オーケストラ全体の響きの変化があまり伝わらないのはショスタコーヴィチと同様。しかし、CDに戻ろうという気が起きなくなるだけの改善は確かにあると思った。 ところで、後年の来日ライブも何とかSACDにならないだろうか。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    meji  |  神奈川県  |  不明  |  2011年08月14日

    SACD化で客席ノイズや弱音部の解像度が向上しティンパニの一撃も実在感を増した。残念なのはCD同様にヒスノイズを除去し過ぎていること。これが全体的に演奏の勢いの再現性を著しく損ねている。アウディーテのクーベリック盤のように、マスタリング無しのオリジナルサウンドも一緒にカッティングすべきだと考える。また解説書の写真がCD時のデータをスキャンしたのか、細部が潰れ色もベタ塗り状態になっているのも興ざめだ。値段を考慮するとやや残念。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    カバポチ  |  神奈川県  |  不明  |  2011年08月09日

    再生装置にもよるのかもしれないが、これは音質が良くなかった。ショスタコの5番があんなに素晴らしく部屋中に響き渡ったのに、このベト4は音量をかなり上げても音響に広がりがなく、以前買ったCDと殆ど変わらなかった。残念でした。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    馬羅  |  愛知県  |  不明  |  2011年08月07日

    4/28の本国での録音に比べて、ホールの残響が少ない分、細部の音が鮮明で音楽の構造が良く分かる反面、ティンパニが突出しがちで、トゥッティのヴォリューム感が乏しくて、いつも2枚を聴いて頭の中で理想の状態を合成補完していました。今回のSACDは、びっくりする程弦のふくよかさが増し、残響が美しく、ティンパニもバランスよく溶け込んでいます。おかげで、やっと1枚で満足できるようになって安心です。アンコールの「ババヤガー」は、音も演奏も生で聴いたゲルギエフを遥かに上回り最高です。ショスタコの欄でも書いだけど、ベト4はCDとの音の違いにおどろかされましたが、「ババヤガー」は学生の時FMエアチェックして繰り返し聞いた音のイメージとそれ程変化はなく、当時の放送もけっこう音が確かだったんだと改めて認識しました。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Loup-cervier  |  大阪府  |  不明  |  2011年07月16日

    非常に優秀な音質。実にクリアで、厚みもあり、ホール内で今耳にしているような臨場感を備えています。演奏も至高の域に達しているといっていいでしょう。細部のすべてが、全体の構造の中でかくあらねばならないという必然性を備えており、このシンフォニーに対する指揮者の信念がすみずみまで行き渡っているようです。初来日がどうのこうのという外部の「物語」など余計なこと。そんなエピソードを知っていようがいまいが、優れているものは優れている。それにしても、当時のレニングラード・フィルの合奏能力の高さには舌を巻きます。序奏から終楽章コーダに至るまで、緊張の糸がいささかも途切れることがない。もちろんベト4には、ムラヴィンスキー以外にも良盤があり、それぞれ独自の価値をもっていますが、これほどにも緊迫感に満ち、かつ美しい演奏には、当盤以外では接することができないと断言できます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    はしかつ  |  千葉県  |  不明  |  2011年07月04日

    最初に発売された盤で聞いているが、十分満足できるレベルというか、これほどムラヴィンスキーのすごさをあますところなく伝えているディスクを知らない。すべての音が刻み込まれており、何度も聞いているうちにある時、耳に飛び込んできたのである。それ以来、この指揮者の偉大さ、芸術の高さをいやというほど思い知らされ、この指揮者のセットものなどを買いあさったわけであるが、これまでのところ、これをしのぐ盤に出会っていない。その後、再発された際は、多少音質が改善されたみたいだが、買いなおす気にならなかった。だが、SACDとなれば話は別で、食指が動く。本当は5.1マルチで聞きたいのだが。 ちなみにこれとよく似ているのが、クライバーのオルフェオ盤で、一聴すると見間違うほどだが、よくよく聴いてみると細部が明確でなく、録音状態がいまいちなのかもしれないが、詰めも甘いと感じ、そもそも芸術性のレベルが違うと確信した。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    影の王子  |  大阪府  |  不明  |  2011年06月07日

    FMのエアチェックのようなチープな音質。 「幻の巨匠の伝説の初来日公演」といった「物語」を剥ぎ取ったら、「商品」としてのCDははなはだお粗末。 一部の評論家が不必要に持ち上げているが、「曲を聴く」のなら、これより素晴らしいCDは山とある。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ZOLGEAR  |  茨城県  |  不明  |  2010年09月09日

    第1楽章の1小節が始まった途端,背筋が凍るような感覚を覚える。あとは蛇に睨まれた蛙の如く,ムラヴィンスキーに丸呑みされる運命しか聴者には残されていない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  2010年04月01日

    1973年日本でのライブ録音でマスターテープの状態良で同年或いは前年録音された同曲盤を凌ぐ出来になっている様です。ムラヴィンスキーというとすぐロシア物が浮かび事実その分野で他の追随を許さぬものがありますが本ベートーヴェン第4番もベートーヴェン交響曲で比較的よく取り上げているものです。なお、この演奏コンサート時やはりロシア物でショスタコーヴィチ交響曲第5番が演奏され本盤と同じレーベルで別にリリースされ十数種類ある同演奏者同曲の代表盤にもなっております。さて、このベートーヴェン・・・ムラヴィンスキーが取り上げるからなのか神格化するわけではありませんが、テンション格調共高いもので演奏タイムとしては@9’04A9’47B5’45C6’52で第1楽章の反復はされてはおりません。どちらかと言えば前二楽章は短く後二楽章は普通という感じです。第1楽章極めて静かにスタートし緊張感を創生します、中盤は小気味良いテンポでコントロールされていきます。オーケストラ配置による音の鳴り具合も楽しめます。この楽章管楽器の優美な伴奏?で締め括られました。第2楽章も優美な管楽器中心に進みます。最終楽章・・・弦の強弱が鮮やかに決まり活発な中にしなやかさもうかがえます。フィナーレでのティンパニーの粗さも絶妙。素晴らしい演奏です。飛行機嫌いのムラヴィンスキー夫婦が日本内での新幹線移動時の写真がノートに載っていましたがムラヴィンスキーの奥さんに微笑んだ顔が多分普段見られないからなのか、素敵に思いました。他のアンコール用小曲はマァマァのものです・・・。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    つよしくん  |  東京都  |  不明  |  2010年03月20日

    ムラヴィンスキーの初来日時の衝撃のライブ録音である。本盤のベートーヴェンの第4は、ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルの黄金コンビの凄まじさを存分に味わうことが出来る超名演と高く評価したい。ムラヴィンスキーのCDは、DGにスタジオ録音したチャイコフスキーの三大交響曲を除くと、録音状態が芳しくないのが難点であったが、本盤は信じられないような鮮明な音質であり、これにより、ムラヴィンスキーの透徹したアプローチを存分に味わうことが出来るになったのは、実に幸運の極みと言える。第1楽章の冒頭のややゆったりとした序奏部を経ると、終楽章に至るまで疾風の如きハイテンポで疾走する。ここはテヌートをかけた方がいいと思われる箇所も素っ気なく演奏するなど、全くといいほど飾り気のない演奏であるが、どの箇所をとっても絶妙な繊細なニュアンスに満ち満ちている。切れ味鋭いアタックも衝撃的であり、ムラヴィンスキーによって鍛え抜かれたレニングラード・フィルの鉄壁のアンサンブルも驚異の一言である。各奏者とも抜群の巧さを披露しているが、特に、終楽章のファゴットの快速のタンギングの完璧な吹奏は、空前絶後の凄まじさだ。同様のタイプの演奏としてクライバーの名演(ウィーン・フィルとのスタジオ録音(DG)ではなく、バイエルン国立管弦楽団とのライブ録音(オルフェオのSACD盤))もあるが、内容の彫りの深さにおいて、ムラヴィンスキーには到底太刀打ちできるものではないと思われる。アンコールの2曲は、この黄金コンビの自家薬籠中の曲だけに、全くすきのないアンサンブルを披露しており、そうした鉄壁のアンサンブルをベースとした圧倒的な迫力と繊細な抒情が見事にマッチングした超名演だ。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    散歩道  |  さいはて  |  不明  |  2008年07月09日

    4番ははじめの1音から金縛りにあったかのように聴き惚れました。会場の緊張が伝わってくる。言葉にならない特別なものがビンビン感じられます(これではレヴューにならないけれど、とにかく聴かない手はありません!)。最後の「ライモンダ」は65年のモスクワライヴのCDを持っていますが、こちらの方が録音が良く、大波がうねるような出だしからグイグイ惹きつけられます。ブヤノフスキー率いるホルン・セクションの勇壮で壮大な吹きっぷり。鳥肌がたちました。この小品からでもムラヴィンスキーの指揮芸術の叡智を窺える。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    年寄り  |  千葉県  |  不明  |  2008年07月02日

    あの時、会場の一階の真ん中あたりに居ました。 終ってから、すぐには立ち上がれませんでした。 これ以上のコメントは不要だと思います!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ヤモリ  |  市川市  |  不明  |  2008年06月04日

    ムラビンスキーのベートーベン第4を初めて聴く。1,4楽章が素晴らしい。1楽章はティンパニーの強打 4楽章の速いテンポに弦楽器がピッタリと合って、少しも浮き足立っていない。普通は騒がしくなるのですが。又、ファゴットの速いパッセイジを1音1音、ハッキリと区切って吹いているのには凄いと言うより笑ってしまう。かのトスカニーニもNBC響が速くてついていけず、区切らずに吹いたとか 録音も上野文化会館そのものの音に思えます。これから 他の演奏家の同曲を聴きたくなりました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    金さん  |  長野県長野市  |  不明  |  2008年02月04日

    ムラヴィンスキーはショスタコやチャイコだけじゃないという証明です。レニングラードは鍛えられてますね。すごいです。アルタスレーベルは音がいいので大好きです。ショスタコ5番やベームの田園、チェリビダッケのブルックナー5番など、どれも素晴らしい遺産です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    I&W  |  JAPAN  |  不明  |  2007年09月04日

    BEETHOVEN;9’04/9’39/5’37/6’26 LYADOV;3’27 GLAZUNOV;4’06

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:28件中1件から15件まで表示