Velvet Underground

CD Velvet Underground & Nico

Velvet Underground & Nico

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:63件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    Pulnoc  |  東京都  |  不明  |  2013年05月01日

    二束三文でフリマで売られていたのは、世界にたった1枚のアセテート盤というのも如何にも胡散臭い話で、それがその筋では2003年の最重大ニュースとなり、 やがて音源が流出するというのも極々必然的な流れだった。 蒼く未熟なバナナをあしらった「UNRIPENED」と名付けられたスウェーデンプレスのレコードは半ば公然と販売される現象となった。 それから10年近く経っても、ここで終わらないのがヴェルヴェッツのヴェルヴェッツたるゆえんで、 モー・タッカー所蔵のアセテート盤の音源やら、 スターリング・モリスンの没後発見されたアセテート盤やら、 どう考えても怪しい音源が出回ることになる。 実に“らしい”。 そいつは黒地のジャケットを纏っていた。 やがてそれらを駆逐するかのように、2012年秋に6枚組の45周年記念盤がリリースされた。 もちろん、1966年4月25日アセテート盤音源を含む3枚が今回の目玉。 今回初めて聴くことになる(はず)のファクトリーでのリハーサルは、 これまでヴェルヴェッツとは対極にあるはずだったブルーズのノリでジャッムってるのが驚きだ。 「俺たちはブルーズだけは決してやらない」のような発言をしてきたL.Reedがブルーズ・マンを描いた映画のサントラで“カミングアウト”したもう10年くらい経つから、 このような音源も解禁されたのだろうか。 そういえば、4thアルバム「LOADED」は、ゴスペルを思わせるナンバーもあったし。 どれもが針飛びやノイズまみれの音源に比べると音質は雲泥の差だ。 まるで別物のようにノイズが除去され、リマスタリングが施術されている。 これで45年めのバナナが収穫されたわけだ。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    がすたふ孫  |  神奈川県  |  不明  |  2010年09月07日

    1967年にして、この音が鳴らされた事実。信じられない。驚愕。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ルー・リードは私の神様  |  愛知県  |  不明  |  2009年10月02日

    まず「毛皮のヴィーナス」この曲を初めて聴いた時は、物凄い衝撃でした。あの時代にあんなにカッコイイ音が作り出せるVU。「日曜の朝」の、優しいルー・リードの声もいいな。代表曲でもある「僕は待ち人」もやっぱカッコイイ!大変細かい部分になりますが(笑)「Twenty-six dollars in my hand」ってフレーズ、アルバム「Psycedelic Sounds From The Gymnasium」での歌い方と、イントネーションが違うんだけど、両方目茶苦茶カッコイイ!!「Gymnasium」方はサイケで攻撃的!最高!ルー・リードって、同じ曲でもライブによって、歌い方や曲の感じが変わったりしてるから、頭の良い人だと改めて実感します。「ラン・ラン・ラン」は、ドラムもギターもベースもコーラスも、全てが際だっていて、これぞサイケデリック・ロックンロール!って思いますね。あと「黒い天使の死の歌」は、一緒に口ずさもうかと思っても、この曲だけは絶対無理です(笑)まるで呪文のようであり語りのようであり、神がルー・リード本人に宿っているんじゃないか 、と思えてきます。ルー・リードって凄い!天性のヴォーカリストですね☆彼への絶賛する気持ちは、死ぬまで変わりません。心の底から尊敬出来る、ミュージシャンです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ビューティ  |     |  不明  |  2009年04月02日

    Velvet Undergroundでしか癒されない夜もある――― No noise No life.

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    AG  |  ()  |  不明  |  2009年01月25日

    ええもんですなぁ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    べーとーべん  |  ?  |  不明  |  2008年01月30日

    67年発表。67…。音楽を知れば知るほど恐ろしくなるアルバム。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    リボルバー  |  不明  |  2007年08月08日

    これを買ったのは十年も前のことだったか、これの良さに気づいたのはその何年か後。この音楽の空気が、最初はさぶいだけだったってわけだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    みずぽけもん  |  炎ポケモン  |  不明  |  2007年02月26日

    噛めば噛むほどおいしくなります。この感じ最高です!!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ふぁっく  |     |  不明  |  2007年01月26日

    暴力的だの退廃的だの言われているが、このアルバムを聞けばむしろ美しいことに気がつくはずだ。と同時にヤバい音を出す所がめちゃかっこいい。60年代にすでにこんな音を出していたなんて最高だ。これぞアングラのルーツだと言える名盤。個人的ベストトラックはC。マニアックだがサビを聞いたときマジ震えが来たぜ。ルーの歌声の虜になった瞬間

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    おピンクムーン  |  不明  |  2006年12月02日

    このアルバムこそがドラッグだ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    nonono  |  神奈川県  |  不明  |  2006年11月19日

    これは「でかジャケ」のレビューです。ジャケットのバナナは、シールではなくただの絵です。買うなら、そこんとこ覚悟の上でどうぞ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    にくじゃが 06.9  |  埼玉県  |  不明  |  2006年09月22日

    初期スーパーカー、ジザメリが好きだった十代の頃に聴いておきたかったなぁ。コレが60年代にはもう出来てたなんて…驚く他ない。ちょいノイジーな美メロ…たまんね(´∀`)ソニックユース"GOO"なんかが好きな人にもオススメだなぁ〜♪

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    モリッピー  |  東京都  |  不明  |  2006年07月24日

    パンクもグランジもポストロックもノイズもいわゆるオルタナもルーツはこれ!これが無かったら現在のシーンはないね…確実に…ロック史上において偉大なる一枚のひとつ…

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    真面目バージョンランブル  |  福島県  |  不明  |  2006年07月14日

    退廃なんぼのもん、エンジエルズの方が危険だ、陰湿な音楽の応酬か、とはいえカーペンターズと同じ国の音楽だ!で退廃だけ追い求めると国は滅びるぜ、ハーレーで乗り込むぜ奴のとこへ、ざまあみろ! 1点いや10点だ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    暗黒舞踏おっさん  |  千葉県  |  不明  |  2006年07月07日

    へそまがりだがポップの芯を食ったメロディーに都市の喧騒にまみれたギターを、アートスクール的な感性で全てを包括しポップとアートというものを高い次元で融合させた。アートワークも含めて音楽であるということを実感させてくれ現代の色んな部分で失いかけている総合芸術を今も尚問い掛ける。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:63件中1件から15件まで表示