東野圭吾

本 ラプラスの魔女 角川文庫

ラプラスの魔女 角川文庫

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★☆☆☆ 

    ユビュ  |  宮城県  |  不明  |  2018年05月14日

    東野作品は本格推理ものであればあるほど題材が地味になる。直木賞の『容疑者Xの献身』はその典型だった。なので映画化する時に福山教授が実験するド派手な金属の接触による爆発実験シーンが冒頭に必要とされた。その一方で、理工系作家東野の想像力のままに生みだされるファンタジー系、ないしSFの領域に入るような作品群もある。『ラプラスの魔女』はどっちつかずな印象が残った。雪山での事故が殺人事件だったのかどうかの真相にナビエストークス方程式がからんでくる。これは「流体力学に関する、未だ解かれていない難問」(p375)だという。ラプラスの悪魔、及び魔女のカップルはこの難問を解けてしまういわば天才少年少女なのだ。その悪魔が失踪したとなれば真相は簡単に分かりそうなものだ。映画で櫻井が演じる青江教授は言葉の真の意味で狂言回しでしかない。ネタバレなので書きはしないが解決の仕方もなんとなく釈然としないものだった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    いーさー  |  神奈川県  |  不明  |  2018年05月13日

    ドラマ化されていますが、原作がきになり買いました。続きが気になり一気に読んでしまいました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    so  |  岩手県  |  不明  |  2018年05月12日

    結末にびっくりです!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    katy  |  静岡県  |  不明  |  2018年05月12日

    あり得るけれど、あり得ない。 リアルな世界で繰り広げられる、不可思議な事件に吸い込まれる。 気象と科学とヒトの倫理観を盛り込んだ作品。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示