Frankie Goes To Hollywood

CD Welcome To The Pleasuredome

Welcome To The Pleasuredome

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (5 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:5件中1件から5件まで表示

  • ★★★★★ 

    21ヒッピーズ  |  福島県  |  不明  |  2006年09月27日

    エレポップの見本のようなアレンジ当時の特徴のタンタカタカタカ、というリズムが耳に残る、ゲイぽい感じはしている、ブロンスキービートもそうだエレポップイメージのそんな感じはゲイリーニューマンからか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    いやみなぶらいあん  |  世田谷区  |  不明  |  2006年07月29日

    オリジナルありカヴァーありの混成構造ながらトータルなコンセプトアルバムのような起承転結をしっかりと感じさせてくれる。T・ホーンの稀有な才能を120%発揮した傑作だと思う。M1からM5への息も切らせぬ流れは今聴いても興奮する。一発屋に近いプロジェクトだったがUKミュージックシーンに残る名盤だと言っていいと思う。RelaxだかWarだかのPVでゴルバチョフのそっくりさんがレーガンのそっくりさんと殴り合っていたっけ・・・。それを芋洗坂のカフェバーで観ていた記憶が懐かしいのだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ランブル  |  福島県  |  不明  |  2006年04月26日

    リラックスはS〇を歌った歌らしい。ボーカルのカーリーヘアーが目に浮かぶ。乗りが良いのは確か、今何しとんの?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ランバー  |  AXT  |  不明  |  2006年03月04日

    1984年に突然現れたFGTH。この時代のUKミュージックシーンを席巻してました。今聴いても、ロンドンのパブに流れるRELAXの強烈なビートを感じながら、ぬるい黒ビールをすすったあの時代が蘇る。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ぴーと  |  東京都  |  不明  |  2005年08月27日

    デビュー曲から4曲連続(3曲だったかも)全英bPの記録を持つ。もちろんその4曲を含むこのファーストもbPを獲得。その後、急速に落ちてしまった。しかし、やっぱりこれは記憶に残る1枚です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:5件中1件から5件まで表示