トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブルックナー (1824-1896) > 交響曲選集(第2番〜第9番) ハンス・ロスバウト&南西ドイツ放送交響楽団(8CD)

ブルックナー (1824-1896)

CD 交響曲選集(第2番〜第9番) ハンス・ロスバウト&南西ドイツ放送交響楽団(8CD)

交響曲選集(第2番〜第9番) ハンス・ロスバウト&南西ドイツ放送交響楽団(8CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    フォアグラ  |  愛知県  |  不明  |  2017年12月13日

    メモリーズのブルックナー・セットから1年もたたずにSWRの正規盤が登場。半分ダブってしまうが仕方ない。正規テープの使用もありヘンスラーの復刻は優秀。どれも大変聴きやすい上質のモノラル録音だ。メモリーズで音がよくなかった2番はヘンスラー盤で見違えるほど魅力的になった。新登場では9番がよい。第3楽章クライマックスでの音のぶった切りとその後の虚無は衝撃ですらある。5番のスケールの大きな構築も印象的。モノラルでも必要な音は皆聴こえる点からも、改めてロスバウトの耳のよさと南西ドイツ放送交響楽団の高性能に感心させられる。現代のブルックナーと比較しても少しも聴き劣りしない優れたものだ。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示