トップ > 音楽CD・DVD > ロック > Pink Floyd > Meddle: おせっかい 【紙ジャケット仕様/完全生産限定盤】

Pink Floyd

CD Meddle: おせっかい 【紙ジャケット仕様/完全生産限定盤】

Meddle: おせっかい 【紙ジャケット仕様/完全生産限定盤】

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:52件中31件から45件まで表示

  • ★★★★☆ 

    Summer05  |  埼玉  |  不明  |  2005年07月04日

    祝!於ライヴ8二十五年ぶり再結成。アントニオーニ、ローラン・プティ、キューブリック等世界の名だたる芸術家たちからも注目されたピンク・フロイドの、着想と表現とが無理なく一致している点で歴作中最高の芸境に達していると言ってよい魑魅魍魎サウンド。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ギルモア  |  京都  |  不明  |  2005年06月23日

    フロイドというと言うとマッサキに思い起こすのは確か72年の大阪フェステバル・ホ-ルでのライブもちろんレパトリ-の中心はエコ-ズ当時高一だった私はフロイドにより霊幻の世界に連れ去られてしまうような恐怖感すら覚えた記憶がある。当時は第一次外タレ来日ラッシュでフロイド71年に次いで立て続けの来日となったが初来日時には機材などの点でトタブルが多かったとのことだがフルスケ-ルのフロイドを観たののはこれが最後となりこの後は巨大化への道を突き進み手の届かない天上人となり80年代に来日したおりには余りに巨大化しエンタ-テイメント化されマッタク別のフロイドへと変貌していた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    歴史が評価するであろう  |  東京  |  不明  |  2005年05月23日

    これを聴かずしてフロイドを語るなかれ! 文句無し、最高作!である。100年後、プログレッシブロックの代表として残っているのも本作であろう。たとえ原始人に聴かせても、彼は感動し、神を見るであろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    デイヴ・ギルモア  |  島根県  |  不明  |  2005年04月23日

    35年前のLPと比べるとうーん音は良いけれど・・・最後まで聞けない。PFの作品の中では一番聞きやすいしエコーズは癒される。初めて聞かれる女性の方にもおすすめできます。ただCDという事で損をしているアルバムですね。エコーズは私の中では一番です。故に最高のものが聞きたい。    

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    じろう  |  不明  |  2005年04月13日

    こりゃぁ良いよ。狂気も傑作だけど、こっちも好き。エコーズには渦潮に巻かれ消えていくような哀しさがある。歌詞もレディオヘッドに精通する部分があると思った。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ロジャー・ギルモア  |  愛媛県  |  不明  |  2005年03月20日

    とかくフロイドといえば、狂気か炎ばかりとりあげられて、他のアルバムはほとんど、話題にならないが、彼らのグループとしてのロックのエナジーが感じられる唯一の作品であると思う。まあ、@とEにすべてが集約されているが、@のウオーターズのエコーかけまくりのベース、Eのギルモアのエモーショナルなギターとサイケな面ばかり目立つ彼らとしては珍しい弾いている曲である。フロイドはこのアルバムで充分です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Thom  |  B.C.  |  不明  |  2004年11月08日

    このサイエンスフィクション的な音がたまりません。つぼに入るメロディーばかり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TOPO  |  大阪府  |  不明  |  2004年09月15日

    本当に素晴らしいアルバムです。当時何度も聞きました。D6は特に素晴らしく無駄な音が何一つ無く23分強の楽曲に仕上がっています。只このCDのリマスターは全体に音が高いとおもいます。もっと重厚だった。完全に表現出来てないように感じます。(耳が痛いのでー1点です)。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    口笛吹き  |  平塚市  |  不明  |  2004年08月24日

    地味な雰囲気の曲が多いが、そこがなんともいい感じ。当時に生まれていて、箱根の自然の中でのエコーズの演奏が見られたらどんなに素晴らしかったでしょう・・・

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    怪盗キッド  |  不明  |  2004年07月10日

    俺はこの「おせっかい」こそがピンク・フロイドの最高傑作だと、今でも思っている。「エコーズ」は幻想的で素晴らしい‥「吹けよ風呼べよ嵐」は、今でもたまに聴くと、背筋がゾクゾクするぜ!ともかく名曲揃いだ。これ一枚なくして、ピンク・フロイドは語れないぜ…。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    MA2  |  不明  |  2004年01月04日

    本当によく聴いたアルバムである。個人的には最もフロイドらしい作品だと思ってる。これまで様々なトライアル的作品群をリリースしてきた彼らにとって、コズミックで幻想的な演奏としては、ことに「エコーズ」は最高傑作と言える。もともとフロイドの魅力というのは、個々の曲というよりその全体から醸し出される雰囲気だと思う。お世辞にも高度な演奏技術があるとは言えないが、ヒプノシスによるジャケット、曲のタイトル等、統一された作品全体を貫く雰囲気の重層性とそこから生まれる豊かなイメージを喚起させる手法は正にサイケデリックと言える。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    MA2  |  不明  |  2003年10月06日

    本当によく聴いたアルバムである。個人的には最もフロイドらしい作品だと思ってる。これまで様々なトライアル的作品群をリリースしてきた彼らにとって、コズミックで幻想的な演奏としては、ことに「エコーズ」は最高傑作と言える。もともとフロイドの魅力というのは、個々の曲というよりその全体から醸し出される雰囲気だと思う。お世辞にも高度な演奏技術があるとは言えないが、ヒプノシスによるジャケット、曲のタイトル等、統一された作品全体を貫く雰囲気の重層性とそこから生まれる豊かなイメージを喚起させる手法は正にサイケデリックと言える。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    MA2  |  不明  |  2003年09月27日

    本当によく聴いたアルバムである。個人的には最もフロイドらしい作品だと思ってる。これまで様々なトライアル的作品群をリリースしてきた彼らにとって、コズミックで幻想的な演奏としては、ことに「エコーズ」は最高傑作と言える。もともとフロイドの魅力というのは、個々の曲というよりその全体から醸し出される雰囲気だと思う。お世辞にも高度な演奏技術があるとは言えないが、ヒプノシスによるジャケット、曲のタイトル等、統一された作品全体を貫く雰囲気の重層性とそこから生まれる豊かなイメージを喚起させる手法は正にサイケデリックと言える。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    MA2  |  不明  |  2003年09月27日

    本当によく聴いたアルバムである。個人的には最もフロイドらしい作品だと思ってる。これまで様々なトライアル的作品群をリリースしてきた彼らにとって、コズミックで幻想的な演奏としては、ことに「エコーズ」は最高傑作と言える。もともとフロイドの魅力というのは、個々の曲というよりその全体から醸し出される雰囲気だと思う。お世辞にも高度な演奏技術があるとは言えないが、ヒプノシスによるジャケット、曲のタイトル等、統一された作品全体を貫く雰囲気の重層性とそこから生まれる豊かなイメージを喚起させる手法は正にサイケデリックと言える。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    MA2  |  不明  |  2003年09月26日

    本当によく聴いたアルバムである。個人的には最もフロイドらしい作品だと思ってる。これまで様々なトライアル的作品群をリリースしてきた彼らにとって、コズミックで幻想的な演奏としては、ことに「エコーズ」は最高傑作と言える。もともとフロイドの魅力というのは、個々の曲というよりその全体から醸し出される雰囲気だと思う。お世辞にも高度な演奏技術があるとは言えないが、ヒプノシスによるジャケット、曲のタイトル等、統一された作品全体を貫く雰囲気の重層性とそこから生まれる豊かなイメージを喚起させる手法は正にサイケデリックと言える。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:52件中31件から45件まで表示