Led Zeppelin

CD In Through The Out Door

In Through The Out Door

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:53件中16件から30件まで表示

  • ★★★★★ 

    レッド・パープル  |  愛媛県  |  不明  |  2008年06月05日

    リアルタイムで聞いた初めてのZEPアルバム。発売日に買いに行ったら、売り切れて他の店で買った記憶があります。一般的な評価は低いですが、個人的には一番よく聞いてるし、思い入れが強いアルバムです。翌80年、噂されてた来日公演が実現していれば、また評価が違ってたはずなのに、おしい!もしジェイソン入りの来日が実現するならば、ぜひ「イン・ジ・イブニング」生で聞きたいな。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    十段  |  大阪  |  不明  |  2008年06月02日

    すごいアルバムではないが、ラストの「I’m Gonna Crawl」は、それでも這ってでも進むしかないという決意表明。長く付き合ったファンはこの1曲に期待したもんだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ロータス  |  東京  |  不明  |  2008年04月27日

    僕が最初に聞いたZEPのアルバム。WやUより先に聴けとは言わないが、これはいいや、と無視しないで欲しい。当時かなりかっこいいバンドだと思いながら何度も聞いた。WやUを聴く前。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    slave  |  yokohama  |  不明  |  2008年03月16日

    皆が言うほど悪くないと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Nazreman  |     |  不明  |  2008年02月27日

    最後のM7が優れているので、全曲通して聴いた印象は悪くない。だから、極端に低い評価には違和感を感じることもある。まあ、前々作、前作と続いてきた流れがカクーンとくる内容ではありましたが。Zepの皆さんにとっては「一回休み」みたいな作品だったのかも。どっこい、永遠の休みとなりましたが…

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    飛行船  |  埼玉県  |  不明  |  2007年11月14日

    実質的なラストアルバムですが、やはりこの頃はパンク全盛でしたから、ZEPのようなバンドは元気がなくなっていましたね。ピークを過ぎた、と切り捨てるには惜しいけど、リスナーの評価はやはり正直でしょう。余力でかろうじて作ったような印象の作品で、やはり本作とCODAは滅多に聞かないですよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    ゴン太  |  新潟中越  |  不明  |  2007年07月24日

    80年には大々的な全米ツアーが計画されていたらしい。ボーナムが亡くなったのはそのリハーサル中だという。阿(おもね)ったようなシンセサイザーの虚ろな響きが年増の厚化粧のようで寂しい......。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ストテン  |  東京  |  不明  |  2007年01月18日

    80年代を見据えてよく出来たアルバムだと思います。 好きなアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    TATSU  |  SUN-IN  |  不明  |  2007年01月17日

    確かに棚から余り出動しないアルバム。ただし80年代もバンドが続いていたらこういう音を発展させて、ペイジの『ロサンゼルス』みたいなミステリアスな感じと『CODA』のボツテイクのようなハードなパワーをミックスさせていったのかな、と推測する為のアルバム、かな。カヴァーデイル・ペイジやペイジ・プラントがその末裔という感じ(本人達だけど)だが、ちょっと時間が開き過ぎてこのテンションは維持できなかった。何よりボーナムが本調子でないのがつまらなくしている原因かも。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    判.  |  不明  |  2006年11月22日

    不幸中の幸いで79年がすでにこういう状態ならあの商業主義的な80年代に足を踏み入れずに済んでほんとうに良かった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    80’sサイコー  |  .  |  不明  |  2006年07月15日

    個人的には好きな1枚。今聞くとカッタるいシンセサイザーが微妙すぎかな。ただ曲自体はイイ。不評が多いけど実際は結構売れてんだよねぇ。当時、全米だけで400万枚突破してたから。まぁ7週も全米1位になってるから当然か。ただ翌年にボンゾが死んだことがキッカケで長期間売れ続けた感は否めなかった。次がなくなった分、ある意味中途半端な幕引きになった作品。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    あかちゃん  |  神奈川県  |  不明  |  2006年06月02日

    評価が人によって大きく左右されすぎる作品と言えるのかな?個人的にはIN THEEVENINGのアームプレイは見事だと思うし、隠れストラト使いと言えるんじゃないかなジミーペイジは。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    地味頁  |  東京  |  不明  |  2006年05月10日

    この時期のライヴはいいと聞く。おそらくいろんな点で危機的状況にあったのだと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    プラン斗  |  福岡県  |  不明  |  2006年04月19日

    このアルバム、ペイジ先生のギターがぐちゃぐちゃだと思います。モチベーションがたもてなかったのかなぁ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    緘口すべき赤ん坊  |  帝国  |  不明  |  2006年03月20日

    店に最後まで売れ残っていた紙ジャケット国内盤は、本作と“Coda”。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:53件中16件から30件まで表示