トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > モーツァルト(1756-1791) > 【中古:盤質A】 交響曲集、管弦楽曲集、協奏交響曲集 アバド、ジュリーニ、メータ&ベルリン・フィル(7CD)

モーツァルト(1756-1791)

CD 【中古:盤質A】 交響曲集、管弦楽曲集、協奏交響曲集 アバド、ジュリーニ、メータ&ベルリン・フィル(7CD)

【中古:盤質A】 交響曲集、管弦楽曲集、協奏交響曲集 アバド、ジュリーニ、メータ&ベルリン・フィル(7CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (7 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    シロクン  |  新潟県  |  不明  |  2014年11月21日

    細かい詮索は抜きにして、アバドがベルリンフィルを振っている、それだけでいいものになるのは当たり前です。格調とか技巧とか音楽の愉悦とか、そういったことが本当に過不足無く盛り込まれたものです。カラヤンほどは技巧の誇示に走らず、ワルター並みに歌う。私にとってはクーベリック・バイエルン放送響 のものと並ぶ宝物です。 ジュリーニが振ったものはテンポが遅めで「あれっ」と思いました。やはりアバドとは違う音楽作りの人なのですね。ちょっと重めでモーツアルトのイメージとは違う。同じ重量感でもベームのものとも違いますね。これは好悪がわかれるでしょう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    P.D.K.B.aus Graz  |  岡山県  |  不明  |  2012年09月23日

    C4CC様御指摘のFigaroですが、確かに87年10月21,22,24日にKV550,KV425と共に録音され、RCAより”ベルリン・フィル:プレイズ・モーツァルト”という指揮者なしのアルバムとして89年7月に発売されておりました。確か慈善事業(エイズ関連)の為のレコーディングであったと記憶しております。さて、このアルバムですが、BPの響きとアンサンブルが素晴らしいですね。私はGiulini指揮の三曲が特に感じ入りました。WPとのBrahmsの時もそうでしたが、落ち着いたテンポ私は好きですね。違和感を御指摘の方もおられるかもしれませんが、一度聴いてみて頂きたいと思います。お勧めのアルバムですね。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    コーキロマンハ  |  兵庫県  |  不明  |  2012年04月29日

    モーツァルトの後半の主要交響曲等が収録されていて大変楽しめる内容です。それにしてもベルリンフィルの一糸乱れない芳醇な響きはなんともすばらしい。うっとりと聴き入ってしまいました。モーツァルトの時代の楽器でははこんな響きは出せなかったと思います。モーツァルトが聴いたらさぞかし驚いたでしょうね。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    カズニン  |  東京都  |  不明  |  2012年03月14日

    アバドのモーツアルトなかなか活気があって良いと思います。録音も上々。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    C4CC  |  東京都  |  不明  |  2011年05月14日

    CD3枚目のトラック.1『フィガロの結婚』序曲ですが、CDジャケットを兼ねる厚紙の裏、トラック一覧では、指揮者が不明です。アバドの指揮はトラック.2 以降です。Recording at the Philharmonie, Berlin, Germany, 1987 (P)1989 Sony Music Entertainment と、録音に関する情報はバッチリなんですが。もしかして、指揮者無しの録音なのでしょうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    AntiJASRAC  |  山梨県  |  不明  |  2010年10月16日

    すべて再発売だがある時代のベルリンフィルのモーツアルトを改めて聞く上でとてもよい企画だと思う。また価格も良心的です。アバド時代の録音はフィルハーモニー大ホールがアスベスト除去等の大々的な工事のため小ホールでプログラムせざるを得なかったためモーツアルトが取り上げられたと思いますが、まとまって沢山の録音が残ったことや、その後のベルリンフィルの繊細な室内学的なサウンドが醸成されたことを思い出すと記念碑的なものでしょう。他の指揮者お大ホールサウンドとの比較など聞き方もいろいろと楽しめます。発売が遅れているのは残念。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    蓮華人  |  千葉県  |  不明  |  2010年08月19日

    ほとんどがダブル上に、アンソロジーとしての集積性が不足していて、まるで「余りものを纏めました」というような如何わしいセット。S社のポリシーというか姿勢というか、まあそうしたものをちょっと疑ってしまう。持ってない人にとっては、「名演集」が安く買えるのだからラッキーかな。買う気は余りないのだが、バックアップということで買ってしまおうかな。あーあ、根性なし。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示