くるり

CD TEAM ROCK

TEAM ROCK

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:118件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    2021  |  東京都  |  不明  |  2011年03月03日

    間違いなく佳作だ、テクノとポップそしてロックがうまく調和している。岸田さんは本当に音楽がすきなんだとおもう。 だけど佳作だ間違いなくでもそれでいいのだ。そんな作品だ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    進化論  |  不明  |  2009年08月30日

    '01年発表。日本の音楽シーンの傾向が大きく変わる予感の中で、くるりの新作の方向が注目されていた。くるりはレコーディングにおいても、つねに変化し続けて、その時点でのバンドの音楽的欲望に忠実だった。だから彼らの表現は、音楽シーンの底に流れる水脈の形を反映していた。そして本作は、シングルAで予言されていたものの全貌を明らかにしている。サンプリングされたリズムの中で、気分をどこまで伝えられるかということだ。くるりは@でこう宣言する。"♪哀愁も臨海点 メッセージすら何処にも御座居ません?暗いのもう嫌 季節メロディー共にくだけ散って苦悩"。ライブでは気迫で伝えていたリズムを、このアルバムではコンピュータを使ってややクールに表す。この手法は@ADFGで使われ、イラ立ちや怒りや諦めの感情が描かれる。00年あたりから急増したレイブ形式のライブに通じる音楽性だ。重量感のあるリズムの繰り返しに身をまかせながら、それらの苦悩を楽天的に伝えるのがくるりの特徴だろう。その一方で、@で否定したはずのロマンティシズム=メロディや季節感に溢れる曲が同居しているのが面白い。特にアルバム・ラストのHIJの美しさにはタメ息が出る。スーパーカーのmikiがコーラス参加したHやバンジョーをフィーチャーしたJは、人間の喜怒哀楽をもう一度信頼しようとする希望に満ちている。くるりは音楽の中で消耗しつつあるロマンを、相反する表現の中で真剣に回復させようとしている。Bの"LV30"はその象徴だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    なじゅ  |  東京都  |  不明  |  2006年09月07日

    今聴くと何だか若々しく感じる。当時、TEAM ROCKの岸田ラップに死ぬ程ハマったなぁ★ トレイン・ロックフェスティバル、ちょいミッシェルぽいけど好き★

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    燃えろ眼球  |  長野県  |  不明  |  2006年03月10日

    このアルバムが一番好き嫌いが分かれるでしょうね。自分も初めて聞いたときは嫌いでした。一曲目とばらの花の次の曲(興味なし)は未だに好きになれないのですが、迷路ゲームとばらの花はとても好きです。でもなぜテクノ路線に行ったのでしょうか??

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ヤンボス  |  滋賀県  |  不明  |  2006年01月27日

    無敵ヤバス!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    キー  |  韓国、ソウル  |  不明  |  2005年11月22日

    ばらの花。。感性豊かで詩も美しい。。大好きなくるり、変わらないで欲しい。 ロックという範疇でこんなにいろんなものができあがるなって、言葉で言い切れないほどの感動です。。CD1枚捨てる曲1曲もなし。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    SlowRide  |  秋田県  |  不明  |  2005年10月13日

    名作です。くるりのalbumの中でも1.2の完成度 いまだ色褪せない名曲【ばらの花】などを含む名盤

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    kuyuiuti  |  kyoto  |  不明  |  2005年08月01日

    本人たちも認めているようだけど、音が悪い。最後のリバーだけはミキサーが違う所為か普通の音になっているけど。ピシピシパキパキしてて聴くに堪えない。(特に2・4・8)四つ打ち・ハウスも小手先感が。本当にテクノに詳しくない人達が興味本位でやってみました、という印象を受けた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ジョイス  |  福島県  |  不明  |  2005年06月19日

    日本ロック史上に残る名曲「ばらの花」を世に出したくるりは最高に素敵なバンド。何度聴いても鳥肌が立つ、超美メロトラック!ポップかつロック、心と体に染みるビート、たゆたう電子音の響きが心地よいこのアルバムは永遠のマスターピースです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    滋郎  |  不明  |  2005年05月07日

    ぽっかぽか(^_^)だから眠くなっちゃう。 繁くん良いアルバム作ったね〜リバーで涙。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    MALIBU  |  北海道  |  不明  |  2005年03月22日

    ばらの花は最高すぎますわ。もちろん、全曲いいんだけど。ばらの花のメロディーセンスと佇まいはくるりならでは。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    るん  |  とーきょ  |  不明  |  2005年03月14日

    聴けば聴くほどに素晴らしいです!!!ほんっと最高!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    わんだー  |  福岡  |  不明  |  2005年02月23日

    「ワンダーフォーゲル」!!最高です。私のだ〜い好きな人がくるりを好きで私も聴くようになりました。でも、くるりって解散しちゃうんですか???

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    kisimen  |     |  不明  |  2005年01月31日

    「ばらの花」で才能が見事に開花しましたね。特に3と9が好きです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ジミ・サイケデリックス  |  不明  |  2004年08月30日

    確かに3曲目はマイブラに似てると思うけど、多分わざと似せてるんだと思う!!こういう実験的な事をしてくれる人達がいるから音楽って面白いんじゃないの?そもそも、実験的な事をしなきゃジャンルなんて生まれなかったわけだし…。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:118件中1件から15件まで表示