Yes

CD 90125

90125

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:26件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    mustang  |  大阪府  |  不明  |  2010年08月22日

    バカにしたら、あかん、アルバムです。 ちゃんとイエスらしい変拍子の曲もあります。 あるうちに買おうときや!

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    素敵な問題児15号  |  愛知県  |  不明  |  2010年08月21日

    イエスの代表作の一つに上げていいだろう。 ’70年代前半のプログレ志向は一層され、よりポップで分かりやすいサウンド作りとなった。 どの曲も念入りに作りこまれ、捨て曲がなく、素晴らしい出来だ。  「プログレはだめだが、イエスには興味がある。」 そんな人はまずこのアルバムから手にしてはどうだろうか? そこから’70年代イエスの良さを認識してもらえばいいと思う。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    とりぷてぃこん  |  神奈川県  |  不明  |  2010年08月12日

    ハード・ロック・イエス! このアルバム以降、イエスはプログレ扱いされなくなってしまったようだけれど、エイジアが登場したように、80年代を生き残るための進化だったのではないでしょうか? ジョン・アンダースンが歌うとすべての楽曲がイエスになってしまうところがスゴイです。このラインナップでのフル・ライヴが聴きたいです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    onda002  |  千葉県  |  不明  |  2010年02月15日

    本来のイエスらしさを強く感じさせる作品。ジョン・アンダーソンは昔、「YES」というバンドネームについて、どんなものでも受け入れる肯定的な姿勢を、自らのアイデンティティとして表現したものだと語っていた。またクリス・スクワイアはバンド結成当時のバンドのコンセプトについて、自分たちは自由で開放的で柔軟、誰もやらないような方法でポップミュージックをやるんだと言っていたという。逆に、前衛音楽を目指すとはひと言も言っていない。そのあたりは、キング・クリムゾンとはまったく違う。異形のポップ・グループ、それが彼ら自身が捉えるイエスというバンドであり、音楽なのだ。 そう考えたとき、「90125」はどうか。世界中でヒットを飛ばした普遍性とフォロワーを許さない独自性の両面で、イエス作品中でも金字塔的位置づけといえる。このような作品を(多少メンバーは違えども)「危機」と同じバンドが出してしまうことが凄い。 結局、イエスというバンドを「危機」を頂点とするシンフォニック系と捉えれば「90125」の評価は最低になるだろうし、反対に「ロンリー・ハート」という大ヒット曲を持つ3分間ポップス系と見れば「危機」の評価は非常に危ういものとなろう。だが、もしこのバンドを彼ら自身と同じ目線で評価できたとすれば、両作品の価値はまったく等しいのではないかと思う。もちろん、それは口で言うほど簡単なことではない。少なくとも、広範な音楽的バックグラウンドと「自由の翼」が必要だ。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    タケ  |  千葉県  |  不明  |  2009年09月02日

    この「90125」から始まった通称9012YES(70年代YESファンからの差別用語にもとれる)と呼ばれる新たなるYESプロジェクト(第何期YES?) YESやKing Crimsonのファンの多くは何故か気に入った時期意外の活動や楽曲を非難、批評する方が多いように思える。 Beatlesのファンが1963年のデビュー当時の楽曲から1969年までの楽曲を聴いて「この時期はBeatlesじゃない!」なんて言うだろうか? 好きな時期をそれぞれに楽しめばいい。 私はピーター・バンクス時代もブルッフォード時代もウェイクマン、モラーツ、バグルス、トレヴァー時代もそして現在に至る全ての時代のYESの楽曲が好きだ。 楽曲は勿論それぞれの時代で色がある。 それが当然であり、変わりもしないYESソングなんておもしろいかなぁ〜? この「90125」はトレヴァー・ホーンがプロデュースし、殆どの楽曲をトレヴァー・ラビンが担当した最高珠玉のPop&Rockなアルバムだ。 このアルバムは当初、ジョン意外のメンバーで始まったプロジェクト、バンド名義「CINEMA」によって制作されていたのだ。(元々はトレヴァーのソロ・アルバム制作から始まった。) 後にヴォーカルとして参加する事になったジョンを中心にこのアルバムをYES名義としたのだ。 それはジョンがこのアルバムの音がYESの音だと感じたからだ。 80年代の正真正銘YESのオリジナル・ニューアルバムなのだ。 M3「It Can Happen」,M8「City of Love」,M9「Hearts」凄すぎる! M5「Cinema」なんて私がプロレスラーなら入場曲として使うね! 勿論、M1「Owner of a Lonely Heart」,M2「Hold On」等々・・・宝箱だ! やはりトレヴァー・ラビンの功績は大きい。 今までのYESに無かった新たなギター・サウンド。 トレヴァーとクリスのヴォーカル&コーラス。 そしてこのアルバムにはジョンの声がなければYESにはなりえなかったし、ここまで大ヒットする事も無かっただろう。 このアルバムによってYESが復活したのは事実なのです! もう一度書きます。 最高珠玉のPop&Rockアルバムです!

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    凶器  |  東京都  |  不明  |  2008年02月18日

    聴いた人がどう思うかなんて 個人の問題。 他人様の感性を妨げる事を 言っちゃいかんよ。 にしてもイエスの中では 産業マスコット化とも 言うほどこれまでの アルバムの中ではめったに 見られない面白さがぎっしり 詰まっている。 オーケストラヒットなどの 斬新な取り入れ方の トレヴァー・ホーンのセンスが光ります。 また「Leave It」なんて曲まであるのがウケる(PVは最高にダサいが) それにしてもこのアルバムを叩いてカッコイイと思いながら優越感に浸っている輩が多いこと。まだ傷が癒えないのだろうか?そんな年寄りばかり

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    さとし  |  日本  |  不明  |  2007年08月05日

    DVD-Audio化された「こわれもの」&α、以降、extended VerのCDリリースだけでさみしいです。genesisに負けず、SACDリリースしちゃいましょう!!! 21の脳死者、ストーカー行為を止めなさい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    80’sサイコー  |     |  不明  |  2006年09月13日

    ビルボード全米アルバム最高5位。プログレ=反ポップ的と思い入れの強い頑固で寛容性の全く無いコアなファンからすれば、確かに受け入れ難いアルバムだろう。でもよく練られているし、適度にヒネリもある。ただ単にポップなだけ。要はそれだけなんよね。イイ解釈も悪い解釈もそこが全て。でも純粋に全然イイ作品ですよ。本当に。でなきゃ売れるわけないし、全米ナンバー1ヒットだって出ない。でももう昔、昔の話になってしもうたなぁ。早ッ!。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ラジオ・スター  |  東京都  |  不明  |  2006年07月29日

    '83年発表。前作「ドラマ」で、古参信者からのバッシングで活動休止に追い込まれ、であればとポリス風ニュー・ウェーヴに激変して復活した第1作。トレヴァー・ホーンが仕掛け人側に回り、フェアライトCMIを駆使した衝撃のオーケストラ・ヒットなどをまぶして、初の全米第1位ヒットとなった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    テケテケハウ  |  東京  |  不明  |  2006年05月19日

    時代遅れバンドがやっとシーンに戻った力作。今のYESは同窓会バンドでしかない。ベンチャーズと一緒懐メロをOLDファンとやってればイイ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    NAX  |  神奈川県  |  不明  |  2006年04月02日

    YESの中ではかなりお気に入りのアルバムです! トレバー・ホーンのプロデュースはもちろんM1のオーケストラ・ヒットはかなりツボでした

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Jon Howe  |  NYC  |  不明  |  2006年02月20日

    Yesのレコードであるか無いか、それ以前に大傑作である。オーナーオブロンリーハートのあのソリッドな切れるような音は80年代のイギリス音楽の最右翼といって過言ではない。当時の日本の“ディスコ”でYesの曲がかかった!というだけで衝撃だったのだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    taka0811  |  千葉県  |  不明  |  2006年02月19日

    イエスなら、これが最高でしょう。クリスの才能が如何なく発揮された作品です。緻密さよりも、ビートとダイナミズム、テクニックよりも感性。一番の成功は、滑らかさに欠ける耳障りなギターが使われなかったこと。シネマがもし実現していたら、と思うと、残念でならない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    好評禁煙中  |  埼玉県  |  不明  |  2006年02月15日

    YesはコレでASIAを超えた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Live&Loud  |  東京  |  不明  |  2005年10月10日

    現在映画音楽家としてめちゃくちゃ成功しているトレヴァーラビンの傑作アルバム。確かにイエスの作品とは言い難いですね(笑)彼のファンはコン・エアーとアルマゲドン(共にジェリーブラッカイマー製作)のスコア盤を必ず聴くべし。なんだかんだであの人天才だから

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:26件中1件から15件まで表示