トップ > モーツァルト(1756-1791) > ヴァイオリン・ソナタ集 K.301、304、376、378:アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)、クララ・ハスキル(ピアノ)(アナログレコード/Vinyl Passion Classical)

モーツァルト(1756-1791)

LPレコード ヴァイオリン・ソナタ集 K.301、304、376、378:アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)、クララ・ハスキル(ピアノ)(アナログレコード/Vinyl Passion Classical)

ヴァイオリン・ソナタ集 K.301、304、376、378:アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)、クララ・ハスキル(ピアノ)(アナログレコード/Vinyl Passion Classical)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    NAKO  |  神奈川県  |  不明  |  2011年05月16日

    言わずと知れた最強盤。個人的世界遺産(笑)演奏。何度聴いても心が洗われ、うきうきします。この二人が、同じ時代に出逢って、これだけの演奏を遺してくれたことは、奇跡以外の何物でもないと思います。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    一人のクラシックオールドファン  |  芦屋  |  不明  |  2009年01月21日

    フランコ=ベルギー正統派を継承していると言われるグリュミオーはこのモーッアルトのVソナタ4曲を豊潤・伸びやかな美音で仕上げています。ベテランのハスキルは録音のせいかやヽ奥まったところで残響を効かせたサポートをしていますがこのヴァイオリンソナタが当時ヴァイオリン伴奏付きという位置付けであつた事から逆転した形態に成立しつつあった背景での作曲だけにピアノの陰でボソボソ突き上げる印象も無くはありませんがこの陰陽模様も面白く最高盤と思います。 

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示