Bill Evans (piano)

SACD Waltz For Debby: +4

Waltz For Debby: +4

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:68件中31件から45件まで表示

  • ★★★★★ 

    ジュン  |  愛知  |  不明  |  2006年01月30日

    おそらく一年の間で200日位は聴いている。生涯の一枚にすでになっているこのアルバム。美しさ、切なさ、悲しさ、哀しさ・・・言葉では語りつくせない世界が広がっている。 PS:アルバムや音源によってかなり音質が違いますがなぜなんでしょう?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    くいちゃん  |  北海道  |  不明  |  2006年01月06日

    リリシズム溢れるピアノタッチ。ガラス細工の様な繊細な音で構築された完璧なる芸術。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    暗黒舞踏おっさん  |  千葉県  |  不明  |  2005年10月11日

    秋の夜長にこれ聴きながら一杯の日本酒を飲む。これだけで秋の宵を感じれた気分になる。繊細なタッチのピアノ、心に寄り添うラファロのベース意識の音として鳴るドラム。他に何もいらないよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    古今亭公男子  |  芝、神明  |  不明  |  2005年08月08日

    Evansをこれで知って、虜になった。ライブアルバムは今でこそ、拍手や手拍子が付きものだが、これは、そんな、お客との一体感とか何とかを気にしなくてよい時代のリアルなライブで当時はびっくりした。しかし、美しい曲ばかりで端麗に演奏している、何処までも奇麗なアルバムで、終生愛聴アルバムで1曲目の出だしにいつも、心震える。最高に美しいアルバム。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    順番の順  |  東京都  |  不明  |  2005年05月11日

    ジャズ、殊にピアノトリオを好きになるキッカケとなった一枚。タイトル曲もいいけどM-10にトロトロテ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    紀州くん  |  和歌山市  |  不明  |  2005年02月13日

    1曲目のMY FOOLISH HEART が最高!  これがタイトル曲だ。 全曲、聴くと哲学的になる。ベスト1のCD間違いなし。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ひら  |  埼玉  |  不明  |  2004年10月17日

    なんか余計な事してるから減点だ! ライブなんだから同じ曲続けたり順番かえたりするなっつーの。それにしても、収録時は名演奏にも係わらず観客もまばらでガチャガチャうるさく、せっかく名盤になったらこんな扱い。浮かばれませんなぁ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    mini  |  福井県  |  不明  |  2004年10月03日

    スコット・ラファロ参加のレコードはホントに手にいれるの苦労した覚えがあります。このLPにはじめて針を落とした感動を今も覚えてます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    きんきん  |  岡山  |  不明  |  2004年08月23日

    こういう有名盤はいろんなバージョンで再発を繰り返しているからマスタリング具合では気に入らないのもあるだろう。いろいろ買って比較して楽しむくらいの気でいるほうが楽しいかも。無難なのはxrcdかな〜。普通の輸入盤か。国内盤の20bitK2は妙な音になってるから注意!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ひげまん  |  東京都  |  不明  |  2004年04月19日

    この作品の魅力はなんと言っても客席の音がリアルに聞こえるということだ。食器の音や、咳をする音、そして、ドアの開く音、これらの音がSEとして臨場感を付け足しているのだ。その中で、黙々とピアノに向かうビル・エバンス、目を閉じて弦を弾くラファロ、ひとりニヤケながらブラッシュ・ワークを楽しむモチアン。目を閉じるとまるで自分もヴィレッジ・ヴァンガードにいるような気がしてくる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    亀井堂本家  |  不明  |  2004年03月05日

    バカみたいなレビューがたくさん書き込まれていますが、アルバム自体はこの上なく完璧です。最初の一音から40年前のニューヨークにワープ出来ます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Tingchia  |  Taipei, Taiwan  |  不明  |  2004年01月08日

    I think it’s one of the best live session that Bill Evans ever made. A MUST for jazz lovers ^^

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    廉価盤しか買わない男  |  東京  |  不明  |  2003年12月23日

    61年6月ステレオ録音。演奏に関しては言うことはないが、ボーナストラックがウザい。名盤に余計なモノはいらないのである。入れても後ろにかためてほしかった。それとオリジナルLPの曲順と違うらしいが、良くないことだ。AADにしては音がいい。リマスターと元の音源が良いのか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    jijijijijijijijijii  |  江東区  |  不明  |  2003年10月24日

    このアルバムを聴いて(特に「マイ・フーリッシュ・ハート」)センチメンタルなロマンチシズムに魅了された。で、すぐに他のアルバム…「サンデイ・ビレッジバンガード」や「エクスプロレイションズ」、そして名高い、枯葉の入っている「ポートレート・オブ・ジャズ」を買ったが、どれも期待外れだった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    jijijiiiiijijiiiiiijijijijiiii  |  江東区  |  不明  |  2003年10月24日

    ジャズを聴き始めて間も無い頃に「最大の名盤」とか言われてこれを買ったが、初めて聴いたときは凄くつまらなく感じて1年以上全く聴かずにホッポっていた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:68件中31件から45件まで表示