トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > New Year's Concert > ニューイヤー・コンサート1992 カルロス・クライバー&ウィーン・フィル

New Year's Concert

Blu-spec CD 2 ニューイヤー・コンサート1992 カルロス・クライバー&ウィーン・フィル

ニューイヤー・コンサート1992 カルロス・クライバー&ウィーン・フィル

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (3 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    レインボー  |  不明  |  不明  |  2012年02月02日

    クライバー最後のニューイヤー・コンサートとなった1992年のコンサートから今年で早20年… 一部を除けばお馴染みの定番曲ばかりを取り上げているが、未だに色あせない魅力のある楽しい演奏だ。 こういう作品を上手く上手に聴かせられる人を名指揮者というのではないだろうか。 音質も悪くないし、価格も安い(でもなんか中途半端な値段だが)のもうれしい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    風雷暴  |  横浜  |  不明  |  2004年08月03日

    まず故C.Kleiber氏へ黙祷...’89&’92共に愛聴盤だが、今後これに比肩し得る可能性は遂に消えうせた。個性強烈な異形の演奏はまた別格として認めるべきだが、これほど端正かつ粋で眩い生命力、そしてデリカシー&エクスタシーが有機的に融合した例を知らない。ニューイヤーコンの頂点ここに極まれり!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    フランキスト  |  アメリカ  |  不明  |  2004年07月25日

    ワルツに固さのあった89年よりも良い。クライバーの作り出す音楽は、粋、優雅、洗練と言った言葉が似つかわしい。マジカルな瞬間が何度も登場する。オーケストラの音色も最高。ただ、「美しき青きドナウ」だけは、89年同様、考え過ぎていて音楽が窮屈になっている。もう少し自由な呼吸が欲しいところ(エーリヒの解釈にそっくり)。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示