トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ドヴォルザーク(1841-1904) > 交響曲第9番『新世界より』、序曲『謝肉祭』、他 レナード・バーンスタイン&ニューヨーク・フィル

ドヴォルザーク(1841-1904)

Blu-spec CD 2 交響曲第9番『新世界より』、序曲『謝肉祭』、他 レナード・バーンスタイン&ニューヨーク・フィル

交響曲第9番『新世界より』、序曲『謝肉祭』、他 レナード・バーンスタイン&ニューヨーク・フィル

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★☆ 

    レインボー  |  不明  |  不明  |  2013年05月24日

    バーンスタインの新世界交響曲は2種類の録音があって本盤は、古いほうの録音。 1962年録音で当時シェフをしていた、ニューヨーク・フィルハーモニックとの演奏で、溌剌とした音楽。 ただ第2楽章だけは合わなかったのだが。 本盤にはさらにドヴォルザークの『謝肉祭』『スラヴ舞曲』スメタナ『売られた花嫁』が収録され、収録時間ギリギリまで入ったお徳盤。 こちらも速い音楽が素晴らしく、謝肉祭や売られた花嫁の序曲等は楽しく聴ける。 私が持っているCDは通常のCDではなく、ブルースペックCD2、何とも長い名前だが、要は最近よくある高品質CDらしい。 解説書の中に従来のCDとブルースペックCD2の違いを書いたペラ紙が入っていて、それによるとBlu-rayの技術を応用した物らしい。 ノイズもなく、オーケストラのパートもクリアに聴こえるような気がするが、聴き比べたわけではないのでどこまで音質が良くなっているのかは不明だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TKOクラシック  |  神奈川県  |  不明  |  2013年01月27日

    レニーの颯爽とした新世界です。晩年のねちっこいレニーの録音が評判がよいのですが、私は、ニューヨーク・フィルとの60年代の録音の方が好きです。ヨーロッパのオケとは違う、かっこよさがあったと思います。レニーのニューヨーク・フィル、メータのロス・フィル、ショルティのシカゴ響、オーマンディーのフィラデルフィア管など、昔は綺羅星のごとく、アメリカのオケも面白かった。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示