トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヴェルディ(1813-1901) > 『ファルスタッフ』全曲 カラヤン&フィルハーモニア管弦楽団、ティト・ゴッビ、エリーザベト・シュヴァルツコップ、他(1956 ステレオ)(2CD)

ヴェルディ(1813-1901)

CD 『ファルスタッフ』全曲 カラヤン&フィルハーモニア管弦楽団、ティト・ゴッビ、エリーザベト・シュヴァルツコップ、他(1956 ステレオ)(2CD)

『ファルスタッフ』全曲 カラヤン&フィルハーモニア管弦楽団、ティト・ゴッビ、エリーザベト・シュヴァルツコップ、他(1956 ステレオ)(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    緑川虫太郎  |  東京都  |  不明  |  2009年06月15日

    本日購入、早速聴きました。好い演奏ですね。シュヴァルツコップ等好い歌手を揃え、カラヤンが見事に統べています。洗練の極みにある曲ですが、特に有名な第一幕の九重唱等実に美しく、オペラを聴く楽しみを存分に味あわせてくれますね。ヴェルディ、万歳!

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    いやみなぶらいあん  |  世田谷区  |  不明  |  2005年11月20日

    世評の高いVPO盤よりも私はこの演奏のほうを高く買っている。ゴッビもオケも後年の方が巧く表現も練れてはいるが、ここでのカラヤンの颯爽として重くならない指揮はとても魅力的だ。深く聴いていけば当然VPOとの方だろうが、この曲には啓示的や厭世的、快楽的な面もありまことに多様な曲なのだが、そこに向かう若きカラヤンの心意気や良しということなのだ。薔薇についても同様で、まだビジネスや人事、政治にまみれる前のより純粋な彼がそこにはいると思うのだ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示