トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > メンデルスゾーン(1809-1847) > 交響曲第4番『イタリア』(1834年版)、第3番『スコットランド』(1842年版)、フィンガルの洞窟(1830年版) 有田正広&クラシカル・プレイヤーズ東京

メンデルスゾーン(1809-1847)

CD 交響曲第4番『イタリア』(1834年版)、第3番『スコットランド』(1842年版)、フィンガルの洞窟(1830年版) 有田正広&クラシカル・プレイヤーズ東京

交響曲第4番『イタリア』(1834年版)、第3番『スコットランド』(1842年版)、フィンガルの洞窟(1830年版) 有田正広&クラシカル・プレイヤーズ東京

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    カニさん  |  兵庫県  |  不明  |  2020年05月15日

    是非とも、聴いて欲しい。「フィンガルの洞窟(1830年版)」は、別の曲のように新鮮でした。交響曲第4番「イタリア」(1834年版)は、若きメンデルスゾーンの姿が表れる新しい感動がある。逆に、交響曲第3番「スコットランド」(1942年版)は、メンデルスゾーンの初稿の形が解る珍しい作品です。ハッキリ言って、交響曲第3番「スコットランド」は、メンデルスゾーンの改訂出版された現行版の方が、スッキリして完成された作品です。でも、最初は、こうだったと解る面白さがありました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示