トップ > Herbie Mann > Memphis Underground

Herbie Mann

SHM-CD Memphis Underground

Memphis Underground

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    青木高見  |  東京都  |  不明  |  2012年10月26日

    ハービー・マン(Herbie Mann 1930年4月16日〜2003年7月1日)はアメリカ合衆国ニューヨーク・ブルックリン生まれのジャズ・フルート奏者。アルバムは1968年の録音で心地よいジャズロックにどっぷり浸れる。共演者はヴァイブがロイ・エアーズ、ギターがラリー・コリエルとソニー・シャーロック。演目は冒頭の「Memphis Underground」はハービー・マンの曲、それ以外はブルース、ソウル、そして「タロさんの赤ちゃんが風邪引いた」のリパブリック賛歌と多彩。百戦錬磨のフルートはモダンかつダイナミックで楽しむための音楽がまさにここにある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    solitaryman  |  横浜市  |  不明  |  2005年12月14日

    このアルバムの特徴は、彼とメンフィスの当時大活躍していたチップス・モーマン率いるアメリカンサウンドスタジオのミュージシャンの面々とのコラボレーション。因みにそのメンバーは・・・ドラムス;ジーン・クリスマン、キーボード;ボビー・ウッド&ボビー・エモンズ、ギター;レジー・ヤング&ジョニー・クリストファー、ベース;トミー・コグビルetc.・・・これに売り出し中のラリー・コリエルが絡んでくる。従ってJazz musicと Soul music を Cross over させた トム・ダウドのgood ideaである。今聞いても 新鮮である。  

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ごますり祭り  |  長野  |  不明  |  2003年12月19日

    踊るフルート、やわらかいメロディー、ああ、いざなっておくれ、かの楽園へ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示