トップ > 音楽CD・DVD > ロック > The Beatles > Hard Day's Night -ビートルズがやってくるヤア! ヤア!ヤア!

The Beatles

CD Hard Day's Night -ビートルズがやってくるヤア! ヤア!ヤア!

Hard Day's Night -ビートルズがやってくるヤア! ヤア!ヤア!

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:46件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    yossy-k  |  兵庫県  |  不明  |  2015年03月07日

    私はビートルズのメンバーではポール・マッカートニーが一番好きですが、ビートルズのリーダーはジョン・レノンですし、やっぱりレノンが主導権を握っているアルバムが傑作なのだと思い込んでいます。そういう意味で、このアルバムは最高です。実に、収録曲13曲中レノン主体の作品が10曲ということで、間違いなく彼がイニシアティヴを取ったアルバムと言えます。 サウンドに耳を傾けると、ジョージ・ハリスンが12弦ギターを初めて採用したり、ハリスンとレノンがアコースティックギター主体のサウンドを試みるなど、前2作に比べて発展がみられますね。どの曲も素直で純粋で、ドラッグやヨーコにはまっていないころのレノンの才気を感じさせました。 (蛇足ですが、レノンを堕落させその才能を枯渇させたのは、ほかならぬヨーコだと思っています。レノンがヘロイン中毒になっていなければ、ヨーコに惹かれることはなかったのでは?) LPではA面、または映画のサントラとなったT-1〜7を今このレビューを書きながら聴いているところですが、これは、ただの映画のサントラではないなと思いました。実は、続けてサントラでないT-8以降を聴いたときに不思議と統一感があるのです。つまり、一枚のコンセプトアルバム(言い過ぎ?)となっている感じなんです! あれこれ言いましたが、私にとってはRubber Soulと並んで大事なアルバムです。これに最高傑作の評価を与えたいと思います。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    tokiwa7jp  |  千葉県  |  不明  |  2014年12月21日

    2014年の紙ジャケ仕様かつSHM?高音質??て゜の日本国内限定のについてですが。2009年リマスターの際にDSD変換済みとのことでしたが、SACDはビートルズは「やらない」のでしょうか?当時と環境も異なり、SACDでの発売を待っているマニアも多いはず。私もそうです。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    johnbach  |  東京都  |  不明  |  2013年08月14日

    ア・ハード・デイズ・ナイトは、邦題のビートルズがやって来るヤァ、ヤァ、ヤァでずっと親しんできた。40数年前、中学生のころクラスではこのアルバムは単にヤァ、ヤァ、ヤァと言っていたんです。すべてオリジナルソングで、ポールの歌うアンド・アイ・ラブ・ハー、ジョンの歌う恋する二人や恋におちたら、等々本当に名曲ぞろい。とくにジョンの曲が素晴らしく印象的です。この頃は明らかにジョンがリーダーシップをとっていたんですね。そしてモノクロの映画、ア・ハード・デイズ・ナイトの場面場面で歌われるシーンがすぐに思い浮かびます。もちろん傑作アルバムです。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    だいはや  |  神奈川県  |  不明  |  2013年02月21日

    特に初期ビートルズの音源のリマスターには価値がありますね。当時は聞き取れなかった音がよく聴こえます。新たな発見があったりして嬉しいですね。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    pekopapa  |  埼玉県  |  不明  |  2012年10月28日

    A HARD DAYS NIGHTはやはり強烈な個性のある曲だよね。頭の中に残る曲だよね。スタートといい、エンディングといい印象的だよ。好きな曲だな。他にもいい曲ありますよ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Peaceful World  |  福島県  |  不明  |  2012年10月24日

    3枚目のアルバムにして全曲JohnとPaulのオリジナルで固められた。「A Hard Day’s Night」ほど疾走感に満ち溢れた曲はないでしょう。全曲素晴らしいの一言。そしてラストのJohnの3曲、これが泣けてくるほど良い。もちろん名盤。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    聖オーガスティン  |  IRELAND  |  不明  |  2011年07月18日

    俺好きだな、1曲めのビートルズがやってくるヤア! ヤア!ヤア! という曲。未だにこの題を使い続けるセンス。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ラーメン食い過ぎ  |  富山県  |  不明  |  2009年09月23日

    最初にCD化されたときに比べて音質は素晴らしいものがあるが疑問が残る HQCDになることを期待していたのだが通常のCDではないか事情があるのだろう、星一個減点。  まさかこの後仕様を変えて再発を繰り返すのか、フルベンみたいなことはしないで欲しい。  

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    やま  |  岡山県  |  不明  |  2009年05月18日

    全曲オリジナルで、当時の他バンドとの違いを見せた。 ジョンの個性的なコード進行、メロディは凄すぎる。ポールも M-5やM-7、M-10など名曲を聴かせてます。 フォークロックの原点。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    stella  |  千葉県  |  不明  |  2009年05月16日

    ビートルズの最初の傑作、恋に落ちたらやエニタイム・アット・オールなど隠れた名曲が満載!   

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KozMoz  |  北海道  |  不明  |  2009年05月12日

    まさに若さあふれる ヤング ビートルズの佳曲の連続、後期の暗さを微塵も感じさせない。中学生だった僕は、ジョージが歌う『すてきなダンス』を 初恋の彼女にEPレコードだったけれど、告白のつもりでプレゼントした事を 懐かしく思い出します。捨曲が1つもない良いアルバムだと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    二枚目3か31のPILOT  |  下関市  |  不明  |  2009年04月22日

    恋におちたら、エニータイムアトオール、アイルビーバックが入っているだけですごい!すべてシングルA面になりうるベストアルバム、1964年の香りが漂っています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    rocket-88  |  東京都  |  不明  |  2008年01月31日

    3作目にして全曲オリジナル!映画にも使われたので前半はかなり有名な曲が揃っている。タイトル曲をはじめ「恋する二人」、「恋におちたら」、「アンド・アイ・ラヴ・ハー」、「キャント・バイ・ミー・ラヴ」などなど、文句のつけようがない曲ばかり。後半もジョンがロッカー魂を見せ付ける「ユー・キャント・ドゥ・ザット」、三部コーラスが完璧な「アイル・ビー・バック」など素晴らしい。13曲中10曲がジョンの曲であり、この時期いかにジョンの創作意欲が旺盛だったかがわかる。4トラックになったこともあり音がクリアーになっているのも見逃せない。生ギターを多用して素朴な雰囲気を出しているところもうれしい。「恋する二人」は、一回聴いたら覚えてしまうくらいにシンプルな名曲。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    じぇい  |  岡山県  |  不明  |  2006年06月15日

    Beatlesの最初のイメージであり、赤盤を聴いた後で一番入り込みやすかったのがこれとHelp。甘い美メロの連打の中にあるAny Time At AllやThing We Said Todayなどの締まる楽曲が良い。曲は多いのに短いから何回聴いてもあっと言う間に終わってしまう感じはしますけどね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    サリ  |  神奈川県  |  不明  |  2006年04月20日

    ビートルズポップの極上品。このあとポールはさらにポップス性を昇華させていき、ジョンはその後ディランを知りヨーコに出会いドラッグを覚えることなどによってポップス性を削ぎ落としていく。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:46件中1件から15件まで表示