奥田英朗

本 沈黙の町で 朝日文庫

沈黙の町で 朝日文庫

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    yupi  |  東京都  |  不明  |  2018年12月12日

    小さな町の中学校で、男子生徒が転落死した。その生徒はいじめを受けていたことが判明。この転落は事故か事件かー。 いじめ首謀者とされた4人の生徒たち、その親、被害者側の家族、学校、警察、検察、弁護士、そして聞き取り調査をされるその他大勢の生徒たち。多くの視点から描かれる群像劇であり、さらに事件後と事件前の様子が自然に時間軸を行き来しながら描かれるので、読み手がどのように事件をとらえるのか、誰に感情移入するのかが都度変わっていく。 中学生は鳥の群れのようなもので、みんなが飛ぶ方向に考えもなくついていく、という文言が出てくるが、中学生のみならず、読み手もページが進むにつれて同じように大勢に流れていきそうになる。あえて言うなら「この子だったらいじめられてもしょうがないな」とすら思わせる描き方、そしてそのように感じることへの嫌悪や反省も含めてこの作品ができあがっていると思うし、大きな悪がない(小さな悪はたくさんある)中で大きな事件が起きてしまう不幸について、人はどこまで責任を負えるのか、負うべきなのかということも考えさせられる。 奥田英朗さんの軽やかな筆致なのでとても読みやすく、それが事件に対する関係者の温度差も見事に描き出しいていた。読み進むのを止められない作品。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示