トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > アルフレート・ブレンデル〜フィリップス録音全集(114CD)

CD アルフレート・ブレンデル〜フィリップス録音全集(114CD)

アルフレート・ブレンデル〜フィリップス録音全集(114CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    segovia  |  愛知県  |  不明  |  2016年03月26日

    オリジナルジャケットが採用されていないのが残念でならない。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    熟聴熟年  |  京都府  |  不明  |  2016年01月09日

    大半のCDは所有しており、またオリジナルジャケット等の付加価値も無いけれど、このセットを購入した最大の理由は、ブラームスのピアノ協奏曲の旧盤が復刻されたこと。自らの肉体を駆使するピアニストの演奏が年齢と共に変化するのは避けられないが、正確・明晰・知的なスタイルが基本のブレンデルの場合、同曲異演を比較しても70年代〜80年代初頭の録音がベストと思われる(代表例はベートーヴェンの協奏曲やソナタ)。その意味で、S=イッセルシュテットとの1番、ハイティンクとの2番のブラームス協奏曲に期待していたが、想像以上の名演、名録音で堪能させられた。2万数千円と安くないセットだが、これらブラームスの協奏曲やベートーヴェンのワルトシュタインソナタ、モーツァルトの22番のピアノ協奏曲あたりを聞いて頂ければ、70年代のブレンデルの充実と、この集成盤の価値が理解頂けると思う。それにしても録音人生の大半をフィリップスで過ごしたブレンデルが、デッカロゴマークのこのセットを見てどう思うのだろうか。

    15人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示