トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ショスタコーヴィチ(1906-1975) > 交響曲全集 ワシリー・ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル(11CD)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

CD 交響曲全集 ワシリー・ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル(11CD)

交響曲全集 ワシリー・ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル(11CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (3 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★☆ 

    テリーヌ  |  Hyogo  |  不明  |  2018年04月27日

    Petrenkoの評判は良いようですが、まず納得です。この演奏水準・録音水準で全集15曲(11CD)と考えると、廉価であることが魅力です。個人的には第8番が今まであまり好きではなかったのですが、今回ついに興味深く聴く機会を得ました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    七味とうがらし  |  新潟県  |  不明  |  2016年01月30日

    好感の持てる演奏です。録音はややばらつきやバランスの悪さを感じますが、それでも優秀な録音です。粗さの目立つ演奏ながら、安定感のあるところなどはポスト・ハイティンク最右翼でしょうか。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Human@TheEarth  |  静岡県  |  不明  |  2016年01月06日

     全般的に、現代のショスタコという印象で、Salonenのようにクッキリとクリアな音作りです。Kondrashinのような激しさ、Svetlanovのようなドデカさ、Mravinskyのような厳しさといった作曲者と時代を共にした世代の演奏のような、鬱積した感情とその爆発は感じられません。かと言って、Inbalほど冷静というわけでもありません。新世代のカチッとした格好いいタコ全と言えばいいでしょうか。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示