トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヘンデル(1685-1759) > 水上の音楽、『忠実な羊飼い』序曲 ピノック&イングリッシュ・コンサート

ヘンデル(1685-1759)

CD 水上の音楽、『忠実な羊飼い』序曲 ピノック&イングリッシュ・コンサート

水上の音楽、『忠実な羊飼い』序曲 ピノック&イングリッシュ・コンサート

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  2011年12月21日

    私の聴いているピノックのヘンデル「水上の音楽」は1983年、ピノックが37歳の頃に録音した古楽器使用の演奏で(演奏タイム・・・HWV348→9曲30’46,HWV349・350→10曲23’00)当初から比較的メジャーな盤で私も早くから手に入れて繰り返し聴いておりました(申し訳ないですがHMVレビューにメモされている「水上の音楽」曲内容とのマッチングはしておりません)。それ以前はオリジナルDG(ARHIV)のヴェッチンガー盤なりそれこそパイヤール少し遅れてミュンヒンガーに接して一方セルのようなフルオケ物で視野?を拡げました。本盤演奏は最初聴いた時無理な運びをせず自然な息遣いを大切にした演奏を繰り広げ且つメリハリのついた爽やかさが残る印象があり今もそれは私の中では変わらないようです。併録のフランス風序曲に5つの楽章が緩急交代しながら続く組曲形式となっているオペラ「忠実な羊飼い」HWV.8a「序曲」(1985年録音、タイム6曲23’10)は残念ながら私は聴いておりませんが「水上の音楽」に花を持たせて「素晴らしい」ランクとします。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示