ベートーヴェン(1770-1827)

CD ピアノ・ソナタ全集 ブレンデル

ピアノ・ソナタ全集 ブレンデル

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:3件中1件から3件まで表示

  • ★★★★★ 

    ねこちゃん  |  横浜  |  不明  |  2005年12月07日

    (以下追補)旧全集を私がCDで買ったのは、87年初め頃でした。以来もうすぐ19年、一度も改版されていません。当時は輸入盤に日本語の帯をつけて国内盤としていましたね。3万円で買いました。もちろん今でも持っています。これもそろそろもう少し安く出し直してもよいと思います。新録があるのにこの値段で売れるのかな? もっと値下げすれば、この貴重な演奏をもっとたくさんの人に聴いてもらえると思うのですが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ねこちゃん  |  横浜  |  不明  |  2005年12月07日

    旧全集(412575)は70〜77年に渡り、5回のセッションに分けて録音されました。これはそのままブレンデルが世界の巨匠として認知されていく時期と重なっているため、ブレンデルの芸風が急速に深化していく過程をも楽しめる内容です。また、録音技術の急速な進歩を反映してもいます。その意味でやはり、僅か10日間で14曲を録音した!最終セッションのものが、演奏・録音共に一番聴き物です。解釈は正攻法の極み。やや乾き気味のタッチで楷書風にしっかりと弾かれていますが、適度の潤いと瑞々しさが横溢し、とても新鮮で四角四面の堅さはありません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ねこちゃん  |  横浜  |  不明  |  2005年12月02日

    ブレンデルの旧全集についてコメントしておきます。楽器はベーゼンドルファーではないか、とのご指摘がありますが、スタインウェイだと思います。より正確にはハンブルク・スタインウェイです。(もっとも、今日スタインウェイといえば、もっぱらハンブルク製を指しますが。)ブレンデルはハンブルク製のスタイウェイ以外、弾いてきていないと思います。フィリップスと契約前、60年代ウィーンでローカルな活動をしていたときさえ、スタインウェイを弾いていたと思います。演奏内容のコメントは紙数の都合上、別の機会に・・。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示