トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ワーグナー(1813-1883) > 『ニーベルングの指環』全曲 C.クラウス&バイロイト、ホッター、ヴィントガッセン、他(1953 モノラル)(13CD)

ワーグナー(1813-1883)

CD 『ニーベルングの指環』全曲 C.クラウス&バイロイト、ホッター、ヴィントガッセン、他(1953 モノラル)(13CD)

『ニーベルングの指環』全曲 C.クラウス&バイロイト、ホッター、ヴィントガッセン、他(1953 モノラル)(13CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:17件中16件から17件まで表示

  • ★★★★★ 

    サルゲッチュ  |  足立区  |  不明  |  2004年10月09日

    CDで、勝ち負けを論じても無意味かもしれないが、それでも、クナのバイロイトの一連の全曲盤より、こっちのほうが出来がいい。大きな声では言えないが、ほんとの話…… ただ、クナの録音は正真正銘、本物のワーグナーに聴こえる。ただ、そこだけは負けている。惜しい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    サルゲッチュ  |  足立区  |  不明  |  2003年11月23日

    Everything sounds spontaneous and one is forced to believe that it couldn’t be done otherwise.. Krauss’ orchestra displays at the same time Karajan’s transparency, Böhm’s dramatic sense and Boulez’s modernity and naturalness. A miracle that took place only one year, as Krauss died a few months after those performances...だってさ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:17件中16件から17件まで表示